企業向けウェビナー検索
登録件数:48,392件
キーワード
 開催日 
並び替え:
終了日順 関連度順
ウェビナー No.114

2021/04/23

製品品質向上のための信頼性評価と解析セミナー[オンライン]|展示...

近年、電子機器の用途は情報通信、家電分野はもとより自動車、医療機器関連に広まり、さらに利便性向上のカギとして流通関連、農業分野などにも用いられるなど応用範囲はますます拡大しています。電子機器の小...

ウェビナー No.1995

2021/09/13

メガEPA原産地規則オンライン研修 | 公益財団法人 日本関税協会

我が国政府が近年締結したメガEPA(TPP11、日EU・EPA及びRCEP)の原産地規則では、輸出者、生産者又は輸入者による自己申告(証明)制度が採用されています。 本セミナーでは、実務者に対し...

ウェビナー No.1845

2021/11/25

ライブ配信【セミナー】荷主のための国際物流の基本と改善事例~国際...

国際物流の実務に長く従事し、大きなコストダウンをいくつも実行した経験豊富な荻原克郎講師が、事例を含めながらわかりやすく解説します。 ★貿易に関わる物流(国際物流)は、国内の物流に比べ、お金...

ウェビナー No.1996

2021/12/13

メガEPA原産地規則オンライン研修(基礎編) | 公益財団法人 日本関税...

我が国政府が近年締結したメガEPA(TPP11、日EU・EPA及びRCEP)の原産地規則では、輸出者、生産者又は輸入者による自己申告(証明)制度が採用されています。本研修では、EPA原産地規則の...

ウェビナー No.1638

2021/12/14

保税蔵置場の実務(オンライン) | 公益財団法人 日本関税協会

保税地域のうち特に保税蔵置場は、輸出入される貨物に係る税関の審査や検査に密接に関連する、とても重要な場所(特別な区域)です。その保税蔵置場が倉主の完全自主管理制となって既に20年以上が経過する中...

ウェビナー No.1640

2021/12/20

品目分類 | 公益財団法人 日本関税協会

難解な品目分類を基礎から実践まで網羅! HS分類(4桁の項及び6桁の号に関する分類)は、我が国の輸入税表番号(9桁)や、輸出統計番号(9桁)を確定するための出発点であると同時に、輸出相手国で適用...

ウェビナー No.1631

2022/01/13 〜 2022/01/14

貿易実務 基礎編 | 公益財団法人 日本関税協会

この講義では、貿易取引の主要書類の目的と機能の解説からスタートし、貨物の取扱いを定めた取引条件であるインコタームズとその費用・保険負担の範囲と貨物の危険負担の範囲、貨物の状況に応じた運送方法、貨...

ウェビナー No.1632

2022/01/24

貿易取引の英文レター | 公益財団法人 日本関税協会

海外との商取引である国際貿易では、英文でのやり取りは避けて通ることが出来ません。この講座では、実務の場面ごとに、その場面でよく使われる基本表現を整理し、貿易における基本用語、イディオム、言い回し...

ウェビナー No.1629

2022/01/31

中国の貿易-通関体系を中心に- | 公益財団法人 日本関税協会

今後も貿易取引を続けなければならない最大の貿易相手国である中国。可能な限り迅速な通関をするためには貿易・通関制度大変革中の通関事情を知ることがカギとなります。  中国国内の通関制度、加工貿易等の...

ウェビナー No.1994

2022/02/07 〜 2022/02/08

AEO研修 | 公益財団法人 日本関税協会

AEO事業者には貨物の安全管理と法令遵守を確保するため、従業員に対し、定期的かつ継続的に研修を行うことが義務づけられていますが、「社内研修がマンネリ化している」「社内では満足な研修を行えていない...

ウェビナー No.1639

2022/02/09 〜 2022/02/10

「輸出通関手続」「輸入通関手続」 | 公益財団法人 日本関税協会

この講座では、「輸出」と「輸入」それぞれ個別に焦点を絞って、各種の法的枠組みを解説致します。  そして、それを踏まえて通関手続に係る諸制度にどういったものがあるのか、そしてそれらをどのように活用...

ウェビナー No.1637

2022/02/15 〜 2022/02/16

関税評価 | 公益財団法人 日本関税協会

税関の輸⼊事後調査では、輸⼊貨物の納税申告が適正であったかどうかを確認されます。令和元事務年度(令和元年7⽉〜令和2年6⽉)の輸⼊事後調査の結果は、調査対象3,361者のうち申告漏れのあった輸⼊...

ウェビナー アーカイブ No.8095

2022/02/17

世界の製品含有化学物質法規制の概要・ポイントと具体的な対応~RoHS...

EUのRoHS指令、REACH規則、それを追いかけるように中国、韓国、タイ、トルコなど世界中で製品含有化学物質の規制法が強化されてきています。輸出先の規制内容を知って対応しておかないと、通関差し...

ウェビナー No.9124

2022/02/17

【オンライン(Zoomライブ配信)】(K3-1W)貿易実務講座〔輸入編〕

・輸入実務担当者を対象に、輸入取引を行う上で留意しておくべき重要項目を総合的に分かりやすく解説します。 ・輸入調達に関する基礎知識の確認から、輸入実務の手続き、そして輸入通関時における関税等の...

ウェビナー No.1634

2022/02/24

貿易取引のリスク対策 | 公益財団法人 日本関税協会

外国との取引である貿易では、商品輸送、保険、代金決済などの業務が複雑に絡み合い、最終的に取引が完了するまでにさまざまなリスクが潜んでいます。  トラブルが発生した場合の解決も、相手国と文化や法制...

ウェビナー No.11020

2022/03/01

ウェビナー「貿易実務でほんとうに使えるAI翻訳とは」

電子化が推奨されて久しい通関業務ですが、現在も紙書類が広く通用しています。今回は、スキャンデータにも対応したAI翻訳の実演と、貿易業務のDXに繋がるソリューションをご案内します。 概要 関税局主...

ウェビナー No.10119

2022/03/10

セミナー「食品接触材料の規制動向と求められる安全性試験・分析」

欧州を中心とした最新の食品容器包装材規制動向、適合性試験の方法、非意図的添加物の評価! 【10:30-14:30】 (途中 昼休みを含みます) 1.食品接触材料に関する国内外の規制動向と求め...

ウェビナー No.11710

2022/03/10

食品接触材料の規制動向と 求められる安全性試験・分析

1.食品接触材料に関する国内外の規制動向と求められる対応 (一財)化学研究評価機構 食品接触材料安全センター 情報調査・広報室 室長 石動 正和 氏   【講座の趣旨】 欧州では2011年5月...

ウェビナー No.11027

2022/03/11

ウェビナー「センサー・通信・ノイズ対策など需要が拡大!電子電気業...

世界の電子機器需要は2020年以降拡大を続け、2021年は過去最大の水準に達しています。 注目技術である5GやEV(自動車)の需要も高まる一方です。 日本企業の電子機器販売や新規プロダクト開発に...

ウェビナー No.3513

2022/03/16

新任担当者のための国際物流基礎セミナー(オンライン):JILS公式ペ...

各企業では東南アジア諸国などの、新興国の高い成長を取り込むために海外事業展開が進む中、その一躍を担う国際物流担当者の役割も多様化しています。本セミナーでは、国際物流や貿易関連業務に新たに従事され...