企業向けウェビナー検索
登録件数:108,843件
キーワード
 開催日 
並び替え:
終了日順 関連度順
ウェビナー No.3205

2021/12/21

バイオプラスチックの最新の市場・開発動向および今後の展望 | 株式会...

第1部 生分解性プラスチックの現状・市場動向と今後の展望 【キーワード】 海洋汚染,SDGs,プラスチック規制,生分解性プラスチック,農業用マルチフィルム,グリーンプラ,バイオプラスチック,バイ...

ウェビナー No.9674

2022/02/16

セミナー「ポリマーの生分解メカニズムと生分解性ポリマーの高性能化...

生分解性ポリマーとはどのようなものであるのか、基礎を解説します! 昨今、深刻な海洋汚染を引き起こすマイクロプラスチックの問題が大きくクローズアップされ、衆目を集めている。この問題を解決するため...

ウェビナー No.8327

2022/02/18

バイオプラスチックにおける開発・製造・課題と用途展開・将来展望

プラスチックスの環境問題の現状と、 リサイクルやバイオマス利用の世界と日本の状況や 技術動向と最新トピックスについて 環境対応型素材として期待できるバイオマスアクリル樹脂の設計方法及び物性それら...

ウェビナー アーカイブ No.11802

2022/02/24

セミナー「環境省:「着床式洋上風力発電施設の廃棄許可に係る考え方...

利用可能な最良の技術と社会情勢への対応~海洋汚染防止法による規制~ 環境省では、2050 年のカーボンニュートラルの実現に向けて洋上風力発電の導入が進む中、将来の施設廃棄を見据え、着床式洋上風...

ウェビナー No.9344

2022/02/24

バイオプラスチックの基礎と応用、開発・利用動向と開発事例

プラスチックスは、海洋汚染に加え、資源枯渇、温暖化などの環境問題が顕在化しており、この対策として、再生可能でCO2を固定化できる植物を原料にしたバイオプラスチックが重要となっています。  本講...

ウェビナー No.9322

2022/02/24

バイオプラスチックの基礎と応用、開発・利用動向と開発事例 | CMCリ...

セミナーの趣旨  プラスチックスは、海洋汚染に加え、資源枯渇、温暖化などの環境問題が顕在化しており、この対策として、再生可能でCO2を固定化できる植物を原料にしたバイオプラスチックが重要となって...

ウェビナー アーカイブ No.8876

2022/02/25

次世代バイオプラスチックの台頭と破壊的イノベーションのすすめ

20世紀前半に初めてナイロンが発明されて以降、安価な石油を原料に数多くのプラスチックが開発されてきたが、地球環境・資源・廃棄物問題が顕在化した今日、持続的な開発目標(SDGs)としてのバイオプラ...

ウェビナー No.6132

2022/03/11

環境省_令和3年度海洋プラスチックごみ学術シンポジウムの開催及び講...

近年、海洋プラスチックごみによる環境汚染により、生態系、生活環境、漁業、観光業等への悪影響が懸念されています。そのため、重要かつ喫緊の課題として、国連を始めとする様々な国際会議においてその対応が...

ウェビナー No.11110

2022/03/18

「バイオマスプラスチック/生分解性プラスチックの開発動向と海洋分...

 廃プラスチックが社会問題化したことを契機に生分解性プラスチックへの関心が高まっている。また、地球温暖化防止、循環型社会構築に貢献するバイオマスプラスチックの普及も社会的に重要視されている。本講...

ウェビナー No.18337

2022/04/26

セミナー「廃プラスチックのケミカルリサイクル技術の最新動向」

世界的な海洋汚染が深刻な問題となり、 廃プラスチックのリサイクルが世界的に注目され、 廃プラスチックのリサイクルは、 欧州や北米では、 大きなビジネスになりつつある。 日本でもPETボトルやPS...

ウェビナー No.14916

2022/04/26 | 13:30~16:30

バイオプラスチックの基礎と応用、開発・利用動向と開発事例 | CMCリ...

セミナーの趣旨  プラスチックスは、海洋汚染に加え、資源枯渇、温暖化などの環境問題が顕在化しており、この対策として、再生可能でCO2を固定化できる植物を原料にしたバイオプラスチックが重要となっ...

ウェビナー No.27892

2022/06/23 | 10:30 - 16:30

日本の環境関連法規制・超入門

企業活動で知っておくべき「日本の環境関連法規制」超入門研修。環境基本法の構成、大気汚染防止法や水質汚濁防止法の仕組み、 循環型社会の形成と化学物質管理など、分かりやすさにこだわって解説いたしま...

ウェビナー No.18865

2022/06/29 | 13:00~16:30

軟包装を巡る国内外のリサイクル促進の法制化とリサイクル手法の開発...

 地球規模の温暖化、気候変動の主要因は温暖化ガスの排出と言われており、主な温暖化ガスである炭酸ガスの排出を世界的に抑制していかなければならない。そのため、各国は様々な政策実施を迫られている。日本...

ウェビナー No.30110

2022/07/14 | 13:00 - 15:30

プラスチック資源循環促進法

「プラスチック資源循環促進法のポイントと企業に求められる対応〜先行する取り組み事例の紹介も〜」 4月1日に施行されたプラスチック資源循環促進法について新法の全体像および企業に求められる対応を解...

ウェビナー No.27839

2022/08/01 〜 2022/08/02 | 8/1 13:00-17:55 8/2 13:00-16:55

サーキュラーエコノミー関連の協賛セミナーのご案内 | プラスチックス...

サステナブル社会の実現とこれからのプラスチック サーキュラーエコノミーを目指して当社(プラスチックス・ジャパン株式会社)は株式会社プラスチックスエージが主催するオンラインセミナーの開催を支援して...

ウェビナー No.48644

2022/10/14 | 13:30~17:30

バイオプラスチック/生分解性プラスチックの開発動向と海洋分解

 廃プラスチックが社会問題化したことを契機に生分解性プラスチックへの関心が高まっている。また、地球温暖化防止、循環型社会構築に貢献するバイオマスプラスチックの普及も社会的に重要視されている。本講...

ウェビナー No.60884

2022/11/14 | 13:30-16:30

セミナー「 世界のプラスチック及び包装材規制の動向」の詳細情報 - ...

プラスチックは新材料として産業と文化を支えています。一方、海洋汚染、資源枯渇という陰の面もあります。 プラスチックの有用性と環境汚染や資源枯渇のバランスをとった持続可能な開発(Sustain...

ウェビナー No.63833

2022/11/22 | 13:30 - 15:30

バイオプラスチックの基礎、実際の開発事例とビジネスチャンス 11月2...

海洋汚染など、プラスチックの環境問題が深刻化しており、その解決策の1つとしてバイオプラスチックの利用が日本をはじめ世界で進んでいる。本講演では、バイオプラスチックの基礎(CO2削減効果や生分解性...

ウェビナー No.70679

2022/12/23 | 13:00~16:30

廃プラスチックのリサイクル最新動向【WEBセミナー】

海洋汚染防止とCO2削減のために、世界的に廃プラのリサイクルが始まった。PETボトルのリサイクルは世界的に行われるようになった。欧州では選別技術の進歩により、ポリオレフィンのメカニカルリサイクル...

ウェビナー No.75992

2023/01/13 | 13:00 - 17:00

バイオプラスチックの基礎と応用-原料や市場動向、製品適用事例とポイ...

プラスチックによる海洋汚染などの環境問題の顕在化から、バイオプラスチックへの関心が高まっている。これに対し、世界では中国等での大幅な増産により利用が拡大されつつあり、日本でも政府方針で利用が進め...