企業向けウェビナー検索
登録件数:48,378件
キーワード
 開催日 
並び替え:
終了日順 関連度順
ウェビナー No.1522

2021/12/07

ばらつきを減らし簡便化!固相抽出 Oasis と前処理装置 Otto SPEcial...

2021年12月07日 (火曜日) 15:00 (日本標準時) 固相抽出による前処理は、夾雑物の除去やサンプル濃縮など様々な高い効果があります。 しかし、その高い効果を引き出すためには、まず初...

ウェビナー No.3011

2021/12/23

全固体電池における固体電解質&電極材料の基本と研究・開発動向と今...

~硫化物系固体電解質を用いた全固体電池、シート型全固体電池、全固体リチウム-硫黄電池~ 全固体リチウム二次電池は、安全、長寿命、高エネルギー密度、高出力を兼ね備えた次世代電池として期待されてい...

ウェビナー No.7759

2022/03/22

拡散接合のメカニズム、接合部の評価方法および最新技術動向〜拡散接...

ハイテク製品の組み立てには、構造的には微細接合、中空構造接合、材料的には異種金属・異種材料接合が必須となります。 これらの接合法として材料を溶融することなく接合する固相接合が重要となり、その中で...

ウェビナー No.10255

2022/03/30

セミナー「プラスチックの難燃化メカニズムと難燃剤選定・配合のコツ...

国内で購入可能なほぼ全ての難燃剤の特徴や難燃処方例を紹介!難燃剤を知り尽くすための、使いこなすための基礎講座本セミナーでは、プラスチックの燃焼機構や難燃性試験方法、難燃剤の難燃メカニズムといった...

ウェビナー No.6292

2022/03/30

プラスチックの難燃化メカニズムと難燃剤選定・配合のコツ | 技術セミ...

2022年3月30日開催セミナー『【Live配信(リアルタイム配信)】 プラスチックの難燃化メカニズムと難燃剤選定・配合のコツ』講師:林 難燃技術研究所 代表 / NPOテクノサポート 会員 林...

ウェビナー No.12878

2022/04/12 | 10:30~16:30

全固体電池の基礎と 硫化物系固体電解質の合成、 界面技術の動向

【講演概要】 本セミナーでは、全固体電池の材料研究の導入を目的として、全固体電池の研究を開始するにあたっての注意点や、 電極活物質や固体電解質開発における要点、固相反応法・メカノケミカル法・液相...

ウェビナー No.11102

2022/04/12

「全固体電池の基礎と硫化物系固体電解質の合成、界面技術の動向」の...

本セミナーでは、全固体電池の材料研究の導入を目的として、全固体電池の研究を開始するにあたっての注意点や、電極活物質や固体電解質開発における要点、固相反応法・メカノケミカル法・液相合成法を用い...

ウェビナー No.10589

2022/04/20

セミナー「ファインバブルの基礎知識から有機合成を基盤とするグリー...

なぜファインバブルに着目したのか?本当に有機合成に活用できるのだろうか?研究室レベルだけでなく工業レベルにまで応用できるのだろうか?空気酸化反応、水素添加反応、過酸化水素合成、光酸化反応、フロー...

ウェビナー No.15736

2022/04/22 | 10:30~17:30

金属材料の接合技術と異種材接合への応用 <オンラインセミナー> ...

~ 金属材料の基礎、合金を使いこなすために必要な状態図の基礎と応用、アーク溶接、固相接合、FSW、ろう付、異種材料接合の実際 ~ ・異種材料接合に適している「溶接」や「ろう付」の接合メカニズム...

ウェビナー No.13709

2022/04/28 | 10:30-16:30

セミナー「<一日速習セミナー>シランカップリング剤を効果的に使い...

シランカップリング剤は主として界面制御による接着・密着性や異種材料の親和性・相溶性の向上などに使用されていたが、近年、有機‐無機複合(ハイブリッド)材料などの新規機能材料として盛んに研究され、既...

ウェビナー No.18701

2022/06/22 | 10:30-16:30

セミナー「『無機ナノ粒子の総合知識』機能発現メカニズム、精密合成...

機能性材料に革新をもたらす無機ナノ粒子の扱い方を1日で習得! ◇無機ナノ粒子の精密合成・設計手法とサイズ・形態制御および精密評価法とその注意点  気相法・液相法・固相法などナノ粒子合成の基礎...

ウェビナー No.32435

2022/07/15 | 13:00-16:00

ペプチド合成研究の最新動向と、社会実装への課題、及び今後の展望に...

固相合成で作れるペプチドは、1)微量である 2)高価格になる 3)精製に手がかかる 4)廃棄物が多い5)直線合成である6)純度が悪い等の課題がある。本講演では、これらの課題を解決する合成法につい...

ウェビナー No.30265

2022/07/15 | 13:00 - 16:00

ペプチド合成

ペプチド合成研究の最新動向と、社会実装への課題、及び今後の展望について ペプチド合成は固相合成で終わったと思っている人は非常に多い。 しかし、固相合成で作れるペプチドは、 1)微量であ...

ウェビナー No.34157

2022/07/21 | 15:00-16:00

固相抽出の基礎

医薬品・食品・水質など様々な分野で、クロマトグラフによる分析が行われています。 その分析結果をより確かなものにするために、サンプルに含まれる夾雑物質の除去や、 対象成分の濃縮などのサンプ...

ウェビナー No.35460

2022/09/30 | 12:30-16:30

セミナー「ペプチド医薬品原薬の製造プロセス開発とスケールアップの...

ペプチド医薬品の開発は古くから行われてきており既に多数の医薬品が上市されております。  最近では特殊アミノ酸や化学修飾を行ったペプチドでの新規ペプチド医薬品の開発が各社にて進められており、ペプ...

ウェビナー アーカイブ No.34866

2022/10/18 | 10:30-16:30

セミナー「結晶品質を晶析操作で思い通りに作り込むためのポイント」...

合成の後に「再結晶」や「再沈」操作が分離精製のために実施されますが、その際のレシピの少しの違いが、純度に影響したり、固液分離の困難さに影響したりします。実は、「再結晶」や「再沈」にもテクノロジー...

ウェビナー No.36885

2022/10/20 | 14:00~17:00

乳化剤の機能と特性および加工食品への応用技術 

一般的に食品は,多成分多相系かつ不均一混合系であるために熱力学的に不安定な場合が多いので,その製造・品質評価には広範な科学の理論と技術が適用されています。 気相-液相界面をもつ液体泡沫(ビール...

ウェビナー アーカイブ No.36884

2022/10/20 | 10:00~13:00

界面コロイド科学の基礎と分散系食品の設計のポイント 

一般的に食品は,多成分多相系かつ不均一混合系であるために熱力学的に不安定な場合が多いので,その製造・品質評価には広範な科学の理論と技術が適用されています。気相-液相界面をもつ 液体泡沫(ビール泡...

アーカイブ No.35459

2022/10/01 〜 2022/10/21

セミナー「ペプチド医薬品原薬の製造プロセス開発とスケールアップの...

ペプチド医薬品の開発は古くから行われてきており既に多数の医薬品が上市されております。  最近では特殊アミノ酸や化学修飾を行ったペプチドでの新規ペプチド医薬品の開発が各社にて進められており、ペプ...

アーカイブ No.34864

2022/10/20 〜 2022/10/31

セミナー「結晶品質を晶析操作で思い通りに作り込むためのポイント【...

合成の後に「再結晶」や「再沈」操作が分離精製のために実施されますが、その際のレシピの少しの違いが、純度に影響したり、固液分離の困難さに影響したりします。実は、「再結晶」や「再沈」にもテクノロジー...