企業向けウェビナー検索
登録件数:144,716件
キーワード
 開催日 
並び替え:
終了日順 関連度順
ウェビナー No.8523

2022/02/04

バイオディーゼル燃料の基礎、応用および開発動向

2015年に開催された国連気候変動枠組条約締結国会議(COP)の合意事項に基づく「パリ協定」は、世界の平均気温上昇を産業革命以前と比べて2℃以内に抑えるため(努力目標:1.5℃以内)、21世紀後...

ウェビナー アーカイブ No.9377

2022/02/14

【カーボンニュートラル・二酸化炭素関連セミナー】CO2分離回収・利用...

地球温暖化対策として、CO2排出量を直接削減する方法のほかに、燃料を燃焼後に発生するCO2から何か有用なものを製造するCCU技術への関心が高まっています。加えて、菅前首相が所信表明演説(2020...

ウェビナー No.8162

2022/02/21

カーボンニュートラル実現に向けた自動車用パワートレインの国内外動...

エンジンはどうして動くかなどのパワートレインの一般的な知識は必要ですが、それ以上に、将来のパワートレインはどうなるのかと言う好奇心が旺盛な方にぜひ聞いていただきたい内容です。 最初に90年代か...

ウェビナー アーカイブ No.11799

2022/02/28

セミナー「バイオディーゼル燃料の基礎から応用知識と最新開発動向」...

環境と成長の好循環を生み出すグリーンイノベーションに繋げる!~植物油 エステル交換反応 脱炭素反応~ 温室効果ガスの蓄積による平均気温上昇への危機感は年々強まり、現在進行中の「COP26」...

ウェビナー No.13844

2022/03/29 | 13:30-17:30

セミナー「バイオディーゼル燃料の基礎・応用展開と最新開発動向・将...

温室効果ガスの蓄積による平均気温上昇への危機感は年々強まり、2021年度に開催された「COP26」ではパリ協定の努力目標を達成目標に変えることが検討されました。このような国際情勢のもと、日本国政...

ウェビナー No.14910

2022/04/21 | 13:30~16:30

バイオディーゼル燃料の基礎、応用および開発動向 | CMCリサーチ

セミナーの趣旨  2015年に開催された国連気候変動枠組条約締結国会議(COP)の合意事項に基づく「パリ協定」は、世界の平均気温上昇を産業革命以前と比べて2℃以内に抑えるため(努力目標:1.5...

ウェビナー No.22985

2022/06/29 | 10:30~17:30

カーボンニュートラル(脱炭素化)に向けた「二酸化炭素の再資源化技...

 2050年カーボンニュートラルに向けて、わが国の環境エネルギー分野は大胆な変革が望まれる。このような中、宇宙から見ると閉じた物質系である地球、この永続性を担保するために、我々はいずれ地下資...

ウェビナー アーカイブ No.31461

2022/08/24 | 13:30-15:30

セミナー「バイオディーゼル燃料の基礎から応用知識と最新開発動向」...

温室効果ガスの蓄積による平均気温上昇への危機感は年々強まり、気温上昇限度の国際的努力目標(+1.5℃)を達成目標に変えようとの機運も高まっています。このような情勢のもと、日本国政府は平均気温上昇...

ウェビナー No.36661

2022/08/24 | 13:30~15:30

バイオディーゼル燃料の基礎から応用知識と最新開発動向 08月24日(水...

温室効果ガスの蓄積による平均気温上昇への危機感は年々強まり、気温上昇限度の国際的努力目標(+1.5℃)を達成目標に変えようとの機運も高まっています。このような情勢のもと、日本国政府は平均気温上昇...

ウェビナー No.62844

2022/12/08 | 10:00~17:00

低環境負荷燃料の製造技術 -水素・合成燃料・メタネーション・アンモ...

脱炭素化に向けて、水素とCCU・カーボンリサイクルが期待されている。CCU・カーボンリサイクルについては、その機能と役割を正しく理解するためには適切な分類学が必要となる。水素とCCUの両方が関係...

ウェビナー No.91706

2023/03/07 | 9:30~11:30

「e-fuel」の必要性と実現可能性 03月07日(火) 開催セミナー | 株式会...

脱炭素社会の実現に向けて再生可能エネルギー由来の電力や水素を用いたエネルギーシステムへの変換が求められている。一方、一部の移動体燃料にはガソリン、ジェットなど炭化水素系燃料の利用は必要である。大...

ウェビナー No.107972

2023/05/17 | 13:30~15:30

エンジン車とeFuel(合成燃料)の可能性 | 法人向けセミナー

輸送機器のカーボンニュートラルに向けて電動化が進められています。乗用車では特に電気自動車への期待が大きく、中国及び欧州市場を中心として電気自動車の新車販売台数が増加しています。乗用車のおける内燃...

ウェビナー No.110475

2023/05/17 | 13:30-15:30

セミナー「エンジン車とeFuel(合成燃料)の可能性」の詳細情報 - も...

輸送機器のカーボンニュートラルに向けて電動化が進められています。乗用車では特に電気自動車への期待が大きく、中国及び欧州市場を中心として電気自動車の新車販売台数が増加しています。乗用車のおける内燃...

ウェビナー No.110132

2023/05/29 | 13:30-16:30

セミナー「欧州委員会による、合成燃料「e-fuel」で走行する内燃機関...

国連は2019年9月の国連気候行動サミットで、「パリ協定で決めた産業革命以降の平均気温上昇2℃以下では甘く、1.5℃以下が必達だ。そのためには2030年までに2010年比でCO2排出量の45%...

ウェビナー 視聴無料 No.111864

2023/05/29 | 14:00 -

脱炭素社会促進に向けた合成燃料の位置付け・技術・将来的な発展性に...

モノづくり日本会議は、約2000社が企業規模や業界の垣根を越えて参加する経済産業団体です。日本のモノづくり産業の競争力強化を目指し、実践的な勉強会・シンポジウム等のイベントや会員企業同士の交流等...

ウェビナー アーカイブ No.110131

2023/06/14 | 14:00-17:00

セミナー「米国の合成燃料へのアプローチ」の詳細情報 - ものづくりド...

脱炭素化に関して、米国で一番温室効果ガスを排出しているのは、運輸部門(29%を排出)である。運輸部門のうち、乗用車はおそらく電気自動車が主流になるが、航空機・列車・船舶・大型車両では、「クリーン...

ウェビナー No.114516

2023/06/14 | 14:00~17:00

米国の合成燃料へのアプローチ | 法人向けセミナー

脱炭素化に関して、米国で一番温室効果ガスを排出しているのは、運輸部門(29%を排出)である。運輸部門のうち、乗用車はおそらく電気自動車が主流になるが、航空機・列車・船舶・大型車両では、「クリーン...

ウェビナー No.102987

2023/06/22 | 13:30-16:30

セミナー「バイオディーゼル燃料の基礎、応用および開発動向」の詳細...

2015年に開催された国連気候変動枠組条約締結国会議(COP)の合意事項に基づく「パリ協定」は、世界の平均気温上昇を産業革命以前と比べて2℃以内に抑えるため(努力目標:1.5℃以内)、21世紀...

ウェビナー No.117312

2023/06/26 | 17:00~19:00

山口 晋 衆議院議員 特別招聘カーボンニュートラル実現に向けた日...

講義概要 2050年カーボンニュートラル(以下CN)実現に向けては、CO2排出抑制だけではなく、吸収(有効利用)を含めた多様なアプローチを総動員していく必要がある。特に、CO2のネガティブ...

ウェビナー No.115577

2023/06/28 | 14:00~17:00

大きく舵を切るテスラの動向とEV用バッテリーの製造競争 | 法人向けセ...

米国で一番温室効果ガスを排出している部門は運輸部門(29%を排出)である。運輸部門のうち、航空機・列車・船舶・大型車両では、「クリーンな液体燃料が必須」という声が多く、合成燃料・SAFの製造の動...