企業向けウェビナー検索
登録件数:145,113件
キーワード
 開催日 
並び替え:
終了日順 関連度順
ウェビナー No.10282

2022/03/01

セミナー「日米欧における食品包装規制の最新動向」

日本の食品用器具・容器包装ポジティブリスト制度2020年6月1日施行 2025年6月1日完全施行! 食品用器具・容器包装のポジティブリスト制度が2020年6月1日に施行後、食品衛生法改正に伴い...

ウェビナー No.10127

2022/03/09

セミナー「~初級のQC・QA担当者のための~ 試験検査室管理におけ...

正しく管理できているか、GMP要件を理解できているかをチェック! 1.GMPとは何か  1)薬機法、GMP省令、日局、通知、事務連絡などの位置づけ  2)過去問から学ぶ  3)無通告査察報告(...

ウェビナー No.15967

2022/04/13 | 13:00 - 16:00

【Zoomセミナー】化粧品サステナビリティ

【2022年4月13日()開催オンラインセミナー】化粧品業界を取り巻く各種法規制の最新動向とサステナビリティ対応 各種規制などのルールは日々刻々と変化しており、コンプライアンス対応から自社事業...

ウェビナー No.15990

2022/04/20 | 13:00 - 16:30

【中国・化粧品事業】各種法規制対応+トラブル回避セミナー

2022年4月20日(水)開催「Zoomによるオンライン」セミナー。中国・化粧品関連事業者様に向けた各種法規制・トラブル回避のためのポイント。化粧品監督管理条例や個人情報保護法、その他2021〜...

ウェビナー No.21349

2022/05/16 | 10:30 -16:30

「経皮吸収」★基礎知識習得に最適。はじめての方もベテランも、物質...

○杉林先生担当  中分子や高分子薬物が薬物治療の中心に移りつつあり、これに相応し医薬品の製剤も経口剤から注射剤に重点が移りつつあるが、頻繁に病院通いを強いるような今までの薬物治療では、治療効果...

ウェビナー No.27584

2022/06/21 | 10:30 - 16:30

注射剤の異物評価方法と低減策

注射剤の異物評価方法と製造における異物低減事例~検査員の訓練と認定&海外製造所異物対策~海外製造の製品は高リスクの可能性!? どのように異物低減を進めるのか 海外製造所ではどのように教育、対...

ウェビナー No.38184

2022/08/06 | 14:00~16:15

ZOOM医薬翻訳セミナー~治験関連の統計表現(中上級編) | Peatix

前半:臨床開発で近年使われる統計手法(回帰モデル、特にGEEを中心に) 後半:和訳課題文の訳例・解説 講師より:このセミナーでは治験の報告書に現れる統計解析にかかわる記述を読む際に知っている...

アーカイブ No.52587

2022/10/06 | 2022年10月6日(木) ごろ配信予定(視聴期間:配信後営業日10日間)

新医薬品の承認審査資料から読み解く新添加剤の開発戦略と安全性デー...

セミナー趣旨 医薬品添加剤は有効成分の物性や機能の改善・差別化に貢献し、日本薬局方では、「投与量において薬理作用を示さず、無害でなければならない。また,添加剤は有効成分の治療効果を妨げるもので...

ウェビナー アーカイブ No.80713

2023/02/17 | 13:00-16:30

セミナー「新医薬品の承認審査資料から読み解く新添加剤の開発戦略と...

~事例とともに解説するからわかりやすい!具体的な添加剤の開発戦略と申請資料作成~ 医薬品添加剤は有効成分の物性や機能の改善による患者に有用でやさしい服薬を提供し、 新添加剤においては有効成分...

ウェビナー No.85174

2023/03/16 | 13:00 - 15:30

「3Dプリント医薬品開発」

3Dプリンターで医薬品開発・製剤設計をしてよう。 ■講座のポイント  3Dプリンター錠剤の製造が米国で認可されて以降、世界中で3Dプリンター医薬品に関する研究が行われており、年々研究論文...

ウェビナー No.100564

2023/04/04

【4/4 海外無料ウェビナー】「APIの溶解性を高めるための戦略と実現可...

液体製剤用添加剤のエキスパートであるDr. Thomas Brielと固形製剤用添加剤のエキスパートであるDr. Markus Lubdaの二人が、難溶性APIに対する医薬品添加剤を用いた溶解性...

アーカイブ No.116919

【WEBセミナー・英語】自己乳化システムによる局所用半固体製剤の設計...

脂質ベースの医薬品添加剤は、その汎用性と多機能性により、局所投与用半固形製剤で頻繁に利用されます。 一方その長い歴史にもかかわらず、効果的な経皮薬物送達を達成するための処方設計は、製剤設計者...

アーカイブ 視聴無料 No.16428

セリーヌ・バレリー: 複数の薬を併せて服用することの危険性 ― セリ...

次の3つのうち、危険を伴う行動はどれでしょう?― コレステロールの薬をグレープフルーツジュースで飲む、お酒を飲みに出かける前にアセトアミノフェンを服用する、または、抗凝固薬を服用してる人がアスピ...