企業向けウェビナー検索
登録件数:48,392件
キーワード
 開催日 
並び替え:
終了日順 関連度順
ウェビナー アーカイブ No.2529

2021/12/09 〜 2021/12/16

マテリアルリサイクルのための モノマテリアル化およびポリマーブレン...

環境問題への意識の高まりから、プラスチックのマテリアルリサイクルやモノマテリアル化に関心が集まっています。また、バイオマス由来のプラスチックへの代替も検討が進んでいます。本セミナーでは、これらの...

ウェビナー No.3205

2021/12/21

バイオプラスチックの最新の市場・開発動向および今後の展望 | 株式会...

第1部 生分解性プラスチックの現状・市場動向と今後の展望 【キーワード】 海洋汚染,SDGs,プラスチック規制,生分解性プラスチック,農業用マルチフィルム,グリーンプラ,バイオプラスチック,バイ...

ウェビナー No.3196

2022/01/20

バイオプラスチックの特許出願動向とその傾向分析【Live配信・WEBセミ...

バイオプラスチックにおいては、ポリ乳酸や変性澱粉などのバイオマス由来の生分解性プラスチックの分野で、日本は世界でもトップクラスの産業競争力を有している。さらには、バイオプラスチックへの添加剤とし...

ウェビナー No.3194

2022/01/21

ウッドプラスチックの基礎と特性、産業応用例、課題 | 株式会社AndTe...

木粉とプラスチックの複合材料であるウッドプラスチック(WPC)は、1990年代後半より、エクステリア用途を中心に普及している素材である。近年、石油資源使用量削減やカーボンニュートラル等の環境配慮...

ウェビナー No.1982

2022/01/25

セミナー「アンモニアボランを用いた水素発生技術~コンパクトな高速...

水素利用技術の基礎からわかりやすく解説。アンモニアボランの特徴・利用方法、課題まで、最近の成果をご紹介します。 燃料電池の普及拡大が進む中、水素貯蔵技術は高圧水素がファーストチョイスとなってい...

ウェビナー No.2857

2022/01/25

自動車産業における高分子材料の”これから”を考える | サイエンス&...

第1部 今後の自動車と求められるプラスチック材料の動向  2021年のCOP26では温暖化効果ガスの排出、実質ゼロを宣言した国は140か国を越えたという。世界の一致した目標になり動き出している。...

ウェビナー アーカイブ No.6191

2022/01/27 | 13:00-17:00

「微細藻類」の大量培養技術と食品産業への展開と課題 

食糧危機・カーボンニュートラルの観点から、「微細藻類」の新しい利用法や可能性(生産するタンパク質や油脂)が注目されています。「微細藻類」の食品産業への展開をテーマに、藻類の特徴から産業利用の現状...

ウェビナー アーカイブ No.9405

2022/02/10

セミナー「カーボンニュートラル実現のカギ握る水素エネルギー~世界...

カーボンニュートラル達成には、水素エネルギーの利活用が不可欠!水素を巡る世界の最新動向、日本の取り組み状況、ビジネス参入の狙い所などについて解説!! カーボンニュートラル達成には水素エネルギー...

ウェビナー アーカイブ No.9372

2022/02/16

カーボンニュートラル循環型酪農システム-バイオメタンガスの新しい活...

牛のふん尿から発生するバイオガスにはメタンガスが多く含まれていることから、カーボンニュートラルなエネルギーとして注目を集めている。本ウェビナーでは、メタンガスから液体燃料であるメタノール・ギ酸を...

ウェビナー No.10897

2022/02/17

令和3年度講演会「低炭素社会実現に向けたバイオ燃料の可能性」 ~...

陸内協が主催する令和3年度講演会を下記の要領にて開催します。  今年度は、低炭素なエネルギー資源として導入が進められている次世代バイオディーゼル燃料をテーマに、下記の要領で開催いたします。 カ...

ウェビナー No.8522

2022/02/18

マイクロ波加熱の基礎 ~電子レンジから高温加熱炉まで~

マイクロ波加熱技術の基礎と工学応用について、乾燥・化学合成をベースとして概観する。材料や化学分野の研究者がはじめてマイクロ波加熱を利用するために必要な基礎知識を理解する。マイクロ波プロセスで見ら...

ウェビナー No.8327

2022/02/18

バイオプラスチックにおける開発・製造・課題と用途展開・将来展望

プラスチックスの環境問題の現状と、 リサイクルやバイオマス利用の世界と日本の状況や 技術動向と最新トピックスについて 環境対応型素材として期待できるバイオマスアクリル樹脂の設計方法及び物性それら...

ウェビナー アーカイブ No.7414

2022/02/21

再生可能エネルギーのプロジェクトファイナンス、M&Aファイナンス(太...

本講義では、これらのキャッシュフローファイナンスの基本から、初心者にも分かりやすいように、通常のコーポレートファイナンスとの差異、各電源間での差異に留意しながら説明します。  1.再生可能エネ...

ウェビナー アーカイブ No.8963

2022/02/22

<新しい生物資源としての可能性に迫る>微細藻類の基本情報、培養の...

「藻類オイルが石油の代わりになる?!」というキャッチコピーとともに2005年頃から藻類の認知度は少しずつ上がってきた。今またカーボンニュートラルというキーワードとともに再びメディアに登場する回数...

ウェビナー No.8153

2022/02/24

プラスチック資源循環促進法の概要と求められる企業対応

【10:30-12:00】 プラスチック資源循環促進法の概要とその影響 三宅法律事務所 パートナー 渡邉 雅之 氏 【講座の趣旨】 令和3年(2021年)通常国会で成立・公布(令和3年法律第...

ウェビナー No.9344

2022/02/24

バイオプラスチックの基礎と応用、開発・利用動向と開発事例

プラスチックスは、海洋汚染に加え、資源枯渇、温暖化などの環境問題が顕在化しており、この対策として、再生可能でCO2を固定化できる植物を原料にしたバイオプラスチックが重要となっています。  本講...

ウェビナー No.8798

2022/02/25

再生可能資源材料としてのポリ乳酸の循環利用・ケミカルリサイクルの...

昨今、マイクロプラスチック問題が取りざたされ、分解機能を持ったバイオマス由来のプラスチックが再び脚光を浴びてきています。  ポリ乳酸は、代表的なバイオマス由来のプラスチックであり、生分解性・成形...

ウェビナー アーカイブ No.8876

2022/02/25

次世代バイオプラスチックの台頭と破壊的イノベーションのすすめ

20世紀前半に初めてナイロンが発明されて以降、安価な石油を原料に数多くのプラスチックが開発されてきたが、地球環境・資源・廃棄物問題が顕在化した今日、持続的な開発目標(SDGs)としてのバイオプラ...

ウェビナー No.10864

2022/02/25

「バイオマス分野における日印の取組に関するウェビナー」の開催

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)ニューデリー事務所は、この度、バイオマス分野における日印の取組に関するウェビナーを開催いたします。インド政府、産業界関係者からそれぞ...

アーカイブ No.9004

2021/11/09 〜 2022/02/28

再生可能エネルギーのプロジェクトファイナンス、M&Aファイナンス(太...

2050年のカーボンニュートラルが宣言され、太陽光、風力(陸上・洋上)、バイオマス、地熱発電案件が加速してきました。電力、ガス、石油等の伝統的産業からの参入も増えています。新しい動きとしてコーポ...