企業向けウェビナー検索
登録件数:21,641件
キーワード
 開催日 
並び替え:
終了日順 関連度順
ウェビナー No.3595

2022/01/19

カーボンニュートラル達成に向けた情報整理の必要性 - デロイト トー...

 2020年10月26日、日本政府は2050年までに温室効果ガスの排出量を全体としてゼロにする、すなわち2050年カーボンニュートラル、脱炭素社会の実現を目指すことを宣言しました。企業や自治体に...

ウェビナー No.2185

2022/02/03

自動合成機を用いたCO2吸収リアルタイムモニタリング | メトラー・ト...

ガス吸収反応の制御と溶解度のリアルタイムモニタリングには多くの課題があり、温室効果ガス回収のために吸収液の設計は困難です。 名古屋大学町田先生は、自動合成機EasyMaxとインラインモニタリング...

ウェビナー No.8523

2022/02/04

バイオディーゼル燃料の基礎、応用および開発動向

2015年に開催された国連気候変動枠組条約締結国会議(COP)の合意事項に基づく「パリ協定」は、世界の平均気温上昇を産業革命以前と比べて2℃以内に抑えるため(努力目標:1.5℃以内)、21世紀後...

ウェビナー No.8839

2022/02/08

CO2水素化反応によるメタノール合成に特化した固体触媒の考え方

日本政府が掲げた「2050年に温室効果ガス排出実質ゼロ(ゼロエミッション)」の目標を達成するため、革新的な技術の開拓が求められている。講演者は、再生可能エネルギーを活用することでCO2をメタノー...

ウェビナー No.10696

2022/02/18

シーメンス社日本法人元代表が語る、カーボンニュートラル実践事例セ...

2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に「SDGs」が盛り込まれて以降、世界規模で持続可能な社会を目指した取り組みが行われています。特に近年は、気候...

ウェビナー アーカイブ No.11799

2022/02/28

セミナー「バイオディーゼル燃料の基礎から応用知識と最新開発動向」...

環境と成長の好循環を生み出すグリーンイノベーションに繋げる!~植物油 エステル交換反応 脱炭素反応~ 温室効果ガスの蓄積による平均気温上昇への危機感は年々強まり、現在進行中の「COP26」では...

ウェビナー No.9255

2022/03/03

CO2の分離・回収技術とコスト構造・計算法

1.CCUSのコストにおける分離回収技術の影響 早稲田大学 理工学術院 教授 博士(工学) 中垣 隆雄 氏   【講座概要】  CCUSは直接的あるいは間接的にサービスや製品コストに反映され、...

ウェビナー No.10272

2022/03/04

セミナー「CO2からのメタノール合成とその触媒開発」

CO2からのメタノール合成の高効率化と低温化の実現! <10:30〜12:00> 1.銅触媒を用いたCO2の高効率メタノール変換技術 茨城大学 多田 昌平 氏   【講座概要】 日本政...

ウェビナー No.7589

2022/03/04

二酸化炭素資源化に寄与する触媒技術の最新動向

2022年3月4日開催セミナー『二酸化炭素資源化に寄与する触媒技術の最新動向』講師:大阪市立大学 田村 正純 氏 セミナー趣旨  昨今、気候変動に伴なう異常気象等の災害が頻発しており、二酸化炭...

ウェビナー No.12538

2022/03/09

第七回トヨタレンタリース京都WEBセミナー「中小企業のためのSDGs“脱...

【こんな方にお勧め】 ・京都府内の企業のSDGsご担当者様 ・京都府内の企業の経営者様、経営部門の方 【概要】 2020年10月に我が国の温室効果ガスの排出を2050年までに実質ゼロ、いわゆるカ...

ウェビナー No.12766

2022/03/18

『企業存続にも直結、“CO2排出量”の計り方』

 温室効果ガス排出量の算定が脱炭素時代の経営に必須となりました。プライム市場上場を控え、排出量の報告準備が済んでいない企業はありませんか。取引先から排出量を聞かれ、慌てている企業も多いのではない...

アーカイブ 視聴無料 No.12391

2022/02/07 〜 2022/03/25

【WEBセミナー】京商ECOサロン2021「環境マネジメントセミナー」~脱...

(A)導入編:「なぜKESに取り組むのか        ~持続可能な社会に向けた環境意識の高まりとその対応に向けて~」    ア 講演①「EMS及びKESについて」(約20分)     ...

ウェビナー アーカイブ No.7512

2022/03/29

再エネ電力&脱炭素プロジェクト推進リーダー養成講座 経済性を加味し...

地球温暖化を防ぐため、先進国を中心に温室効果ガス削減の取り組みを行っています。そのため、企業も温室効果ガス排出量の情報公開やRE100やRE Actionに代表されるような再エネ電力の導入、ある...

ウェビナー No.13844

2022/03/29 | 13:30-17:30

セミナー「バイオディーゼル燃料の基礎・応用展開と最新開発動向・将...

温室効果ガスの蓄積による平均気温上昇への危機感は年々強まり、2021年度に開催された「COP26」ではパリ協定の努力目標を達成目標に変えることが検討されました。このような国際情勢のもと、日本国政...

ウェビナー No.6714

2022/03/31 | 13:00-17:00

CFRPリサイクルの現状と用途別市場動向

CFRPは軽量で機械的特性に優れていることから、風力発電、航空宇宙、自動車、圧力容器等の市場で用途が拡大している。一方、CFRPのリサイクルは難易度が高く、従来は埋立て等の廃棄が処分方法として採...

ウェビナー No.8586

2022/04/05

自社製品におけるCO2排出量算定と見える化

【講演趣旨】  世界の平均気温の上昇を2度未満に抑制し、今世紀後半には人間活動による温室効果ガス排出量を実質的にゼロにする方向で合意がなされています。このような中で、自社工場の範囲を超えた製品の...

ウェビナー No.10739

2022/04/05

セミナー「自社製品におけるCO2排出量算定と見える化」

取引先や上司からCO2排出量の算出を求められた方は必聴!LCA手法を活用した環境負荷を定量的に算定するには!スコープ3との関係性とは!自社工場の範囲を超えた製品のライフサイクル全体でのCO2排出...

ウェビナー No.6288

2022/04/13

CFRPにおけるLCAを計算するためのポイント | 技術セミナーの開催・書...

2022年4月13日開催セミナー『CFRPにおけるLCAを計算するためのポイント』講師:神戸技術オフィス 代表 平野 康雄 氏 軽量化や強度向上など様々なメリットがあり、年々活用の幅を広げるCF...

ウェビナー No.10461

2022/04/13

セミナー「CFRPにおけるLCAを計算するためのポイント」

CFRPにおけるLCAについて、製造・製品における計算例を交えて解説!  CFRPは風力発電、航空宇宙、自動車、圧力容器、土木建築分野を中心に市場拡大が進んできた。CFRPは強度・剛性を維持し...