企業向けウェビナー検索
登録件数:144,807件
キーワード
 開催日 
並び替え:
終了日順 関連度順
ウェビナー No.149983

2024/02/09 〜 2024/02/16 | 2/9、2/16 10:30~16:30

P240210:薬物間相互作用(講義と演習)【入門・実践 全2日間】 | 技...

本セミナーでは、薬物間相互作用試験での各検討項目について相互作用メカニズム、評価法、計算法について、薬物間相互作用の基礎を学んでいただき、薬物間相互作用の全体像とデータ取得部分の理解を目的として...

ウェビナー No.151093

2024/02/16 | 13:00 ~ 16:30 

セミナー「高品質の製剤設計および品質確保を指向したQuality by Des...

製剤開発に関するガイドライン(ICH Q8)および品質リスクマネジメントに関するガイドライン(ICH Q9)の骨格であるQuality by Design(QbD)とデザインスペース(DS)に基...

ウェビナー No.151484

2024/02/20 | 12:30-16:30

治験総括報告書及びCTD2.5の基本的な作成法 《分かりやすい文章の書き...

PMDAの適合性書面調査結果を参考に、メディカルライティングの重要性を話した後、ICH E3ガイドラインを基に、試験方法と結果・考察の効率的な作成法について、また、CTD2.5及びCTD2.7の...

ウェビナー No.151494

2024/02/22 | 12:30-16:30

《ICH-E6(R2)におけるQMS体制を踏まえた》GCP実施体制の要点と国際...

☆ICH-E6(R2)で規定されるQMSの基本的な概念からしっかり押さえる ☆点検や監査における準備事項、チェックリストの例、監査"する側""される側"それぞれの準備事項まで細かく解説!

ウェビナー No.150251

2024/02/22 | 12:30-16:30

GCP監査・点検活動の実務|ICH-E6(R2)におけるQMS|モニタリングの留...

【2024年2月22日(木)開催オンラインセミナー】GCP実施体制の要点と国際化を意識したGCP監査・点検活動 ご存じの様に、2019年7月にICH-E6(R2)が国内でガイダンスとして通知さ...

ウェビナー アーカイブ No.149964

2024/01/31 〜 2024/02/26 | 1/31 10:30~16:30

C240116:分析法バリデーションにおける基準値設定と分析法変更・技術...

本セミナーでは、分析法バリデーションに関するICHや日本薬局方のガイドラインを解説するとともに、分析能パラメータの具体的な計算方法を解説する。その過程で必要なExcelの利用方法や操作法について...

ウェビナー No.150257

2024/02/27 | 10:30-16:30

ICH Q9|品質リスクマネジメントガイドライン改正ポイント|ライフサ...

今日医薬品開発は、Quality by Designの考え方に基づいて行われているが、そのベースにあるのが品質リスクマネジメントに対する取り組みである。この品質リスクマネジメントの具体的な取り組...

ウェビナー No.151575

2024/02/27 | 10:30-16:30

ICH Q9・「品質リスクマネジメントに関するガイドライン」改正のポイ...

☆2023年8月31日に通知された「品質リスクマネジメントに関するガイドライン」の改正、重要なポイントは? ☆改めて企業に求められる対応を解説!

ウェビナー No.150901

2024/02/27 | 13:00-16:30

ISO9001に学ぶ医薬品開発QMSとグローバルスタンダードのSOPのあり方 ...

■講座のポイント ICH-GCPに新しく取り入れられた品質マネジメントシステム(QMS)の概念は、製品やサービスの品質マネジメントのグローバルスタンダード(国際標準)であるISO9001として...

ウェビナー No.151065

2024/03/06

ニトロソアミン類定量試験のための高感度分析法開発とそのバリデーシ...

最新の分析法については、日進月歩で毎日のように高感度な分析技術が加発されています。また、近年、国内外において、サルタン系医薬品、ラニチジン、ニザチジン及びメトホルミン等から、発がん性物質であるニ...

ウェビナー No.150332

2024/03/08 | 10:30-16:30

セミナー:逸脱管理とヒューマンエラー対策、CAPA運用の要点

本セミナーでは、新しくGMP関連業務に就かれた方々と、より良くGMPをお知りになりたい方々を対象に、医薬品品質システム(PQS)と、その重要な品質システム要素である逸脱管理の基本を、Qualit...

ウェビナー No.150967

2024/03/11 | 10:30 ~ 16:30

セミナー「医薬品製造における洗浄バリデーション(DHT,CHT,WCL設定...

cGMPに「医薬品の製造装置は、製品の安全性、本質、力価、品質または純度を劣化させるような汚染を防止するため、適切に洗浄されたければならない。」とある。 更にICH Q7 12章に、「共用設備...

ウェビナー アーカイブ No.151490

2024/02/21 〜 2024/03/15 | 2/21 13:00~16:30

ICHQ2(R2)、Q14をふまえた承認申請時の分析法バリデーションの留意点...

〔Q2改訂、Q14新設による分析法バリデーションの今後の薬事的な動向について解説〕 本コースを受講することにより、改訂されたICH Q2分析法バリデーションガイドラインの内容を把握するとともに、...

ウェビナー アーカイブ No.150013

2024/02/21 〜 2024/03/15 | 2/21 13:00~16:30

C240204:ICH Q2(R2)、Q14をふまえた承認申請時の分析法バリデーション...

本セミナーでは、Q2改訂およびQ14新設の目的と背景、また、Q2改訂、Q14新設による分析法バリデーションの今後の薬事的な動向について解説したいと思います。

アーカイブ No.150034

2024/03/07 〜 2024/03/21

C240232:ICH Q9(R1)ガイドラインの意義とその背景及び理解すべき必須...

当セミナーでは、、、 1. ICH Qシリーズの求める「医薬品の品質維持管理」の中核となるQ9(R1)の意義と本質の理解できます。 2. 21世紀におけるグローバル化における急速な社会、経済...

アーカイブ No.150090

2023/12/01 〜 2024/03/28

C230975:【オンデマンド配信】申請をふまえCMCレギュレーション対応と...

オンデマンド配信セミナー ■高品質かつ効率的なCTDのCMCパート申請資料作成を実現するには、CTDの構造と必要なレギュレーションの理解が必須である。加えて、ICH-M4が求める記載事項を単純に...

アーカイブ No.150091

2023/12/01 〜 2024/03/28

C231280a:【オンデマンド配信】バイオ医薬品の製法・試験法変更と担保...

ICH-Q11(原薬の開発と製造)、ICH-Q8(製剤開発)、ICH-Q5E(製法変更と同等性)をベースにバイオ医薬品の製造管理及び品質管理における変更時に担保すべき同等性/同質性の評価対象の特...

アーカイブ No.150082

2023/12/01 〜 2024/03/28

C231280c:【オンデマンド配信】バイオ医薬品(抗体医薬品)の特性解析...

バイオ医薬品(抗体医薬品)の特性解析・構造決定の方法/解析のポイントと品質管理方法への活用について、抗体医薬品の品質評価のためのガイダンス、ICH-Q6B(生物薬品の規格及び試験方法の設定)、I...

ウェビナー アーカイブ No.150075

2024/03/25 〜 2024/04/16 | 3/25 13:00~16:30

C240325:異物/不純物分析の前処理・データ解釈と分析法のバリデーシ...

本セミナーでは具体的にHPLCを中心に、特に、微量な有効成分以外の異物や不純物などについて、 基礎の理解に役立つ「ICH Q2(R2) 分析法バリデーションガイドライン(案)」を参考にしていま...

ウェビナー アーカイブ No.150016

2024/02/21 〜 2024/04/18

P240204:分析法バリデーションコース「ICH Q2(R2)、Q14薬事的動向・理...

【Aコース】2/21開催「CH Q2(R2)、Q14をふまえた承認申請時の分析法バリデーションの留意点」 【Bコース】3/27開催「【分析法バリデーション・アドバンスコース】 計算ブラックボック...