企業向けウェビナー検索
登録件数:144,684件
キーワード
 開催日 
並び替え:
終了日順 関連度順
ウェビナー No.149139

2024/02/16 | 10:00~17:00

自動車向け接着剤,粘着テープおよび 易解体性接着の選び方,使い方...

今日の自動車に係る最大の課題は,走行時に排出される地球温暖化物質(CO2)の大幅な削減を求める規制に対応することであり,これまでもパワートレインの改良を始めとした対策が行われてきた。一方,車用の...

ウェビナー No.149170

2024/02/20 | 12:30~16:30

CO2を利用した化学品製造の技術体系・課題と触媒技術の最前線【提携セ...

☆CO2を活用した化学品製造に関する、化学業界の現状と技術体系について解説するとともに、それを可能とする触媒技術の最前線について詳しく解説!特に、低級アルケン製造にCO2を利用する最新の取り組み...

ウェビナー No.147738

2024/02/20 | 12:30~16:30

CO2を利用した化学品製造の技術体系・課題と触媒技術の最前線【LIVE配...

CO2を活用した化学品製造に関する、化学業界の現状と技術体系について解説するとともに、それを可能とする触媒技術の最前線について詳しく解説!特に、低級アルケン製造にCO2を利用する最新の取り組みに...

ウェビナー No.148117

2024/02/20 | 13:30~16:30 

食材・生体適合材から太陽電池・半導体分野などでの高機能素材の創出...

スポーツフットウェアの世界的企業ナイキ社 NIKEが、”製造革命”:「アスリートと地球環境の両方に貢献する」ためと称し、自然溶媒の超臨界二酸化炭素(CO2)による新規染色技術“ColorDry”...

ウェビナー No.150246

2024/02/21 | 13:00-16:30

バイオリファイナリー研究/技術開発の最前線セミナー

 バイオものづくりは、資源自律や化石資源依存からの脱却といった地球規模の社会課題解決と経済成長との両立を可能とするイノベーションとして注目されている。このような背景の下、RITEでは“バイオ×デ...

ウェビナー No.150889

2024/02/21 | 13:00-16:30

バイオリファイナリー研究/技術開発の最前線と実用化に向けた各種課...

■講座のポイント  バイオものづくりは、資源自律や化石資源依存からの脱却といった地球規模の社会課題解決と経済成長との両立を可能とするイノベーションとして注目されている。このような背景の下、RI...

ウェビナー No.152523

2024/02/22 | 13:00-16:30

CCUSにおけるCO2分離・回収技術の現状と展望 | 株式会社AndTech

CCUSにおけるCO2分離・回収技術の現状と展望 2024年2月22日開講。WEBでオンラインLive講義にどこからでも参加できます。早稲田大学 中垣 隆雄 氏のご講演。

ウェビナー No.148279

2024/02/22 | 13:00~17:00

CO2排出量算定の進め方と活用事例【LIVE配信】 | セミナーのことなら...

本セミナーでは、脱炭素社会の背景と動向、サプライチェーン全体のGHG排出量を算定する目的を理解し、Scope1、2、3の算定演習を通し、理解を深め、簡易な算定その後の活用の見通しが立てられるよう...

ウェビナー No.150247

2024/02/22 | 13:00-16:30

生分解性試験の基礎・国内外の認証取得システム対応セミナー

 地球規模での気候変動の影響が我々の日常生活にも及びつつある中、持続可能な社会の実現に向け、CO2排出抑制や廃棄物削減の観点から生分解性材料の活用に注目が集まっており、先進諸国を中心に関連規制の...

ウェビナー No.150891

2024/02/22 | 13:00-16:30

生分解性試験・評価の基礎及び国内外各国の認証取得システムへの実務...

■講座のポイント  地球規模での気候変動の影響が我々の日常生活にも及びつつある中、持続可能な社会の実現に向け、CO2排出抑制や廃棄物削減の観点から生分解性材料の活用に注目が集まっており、先進諸...

ウェビナー No.149200

2024/02/22 | 13:00~17:00

CO2排出量算定の進め方と活用事例【提携セミナー】 | アイアール技術...

脱炭素社会の背景と動向、サプライチェーン全体のGHG排出量を算定する目的を理解し、Scope1、2、3の算定演習を通し、理解を深め、簡易な算定その後の活用の見通しが立てられるようになる状態を目指...

ウェビナー No.131578

2024/02/28 | 13:30-17:30

2024年2月28日開講。WEBセミナー講座。「気体分離膜のガス透過メカニ...

2024年2月28日開講。WEBでオンラインLive講義にどこからでも参加できます。山口大学 大学院創成科学研究科 田中先生 が膜を用いたガス分離法について、その基礎と概要を解説!

アーカイブ No.150042

2023/12/01 〜 2024/02/28

O231251:高分子膜のガス透過メカニズムと高分子CO2分離膜の技術動向 ...

本講座は、化学産業の技術者が膜ガス分離の理解を深めることを目的に、通常の高分子膜に促進輸送膜も加え、そのガス分離メカニズムを解説し、最近の研究開発動向を概観する。

ウェビナー アーカイブ No.150295

2024/02/28 | 10:20~16:20

セミナー:企業におけるCO2分離回収技術とCCUSの取組みセミナー (技...

本セミナーでは、三菱重工業における排ガスCO2回収技術と商用機実績、最近の取組み事例、今後の展望、電源開発におけるCO2分離・回収や利用の技術開発、CO2貯留に関する取組み、日揮グループにおける...

アーカイブ No.132729

2024/02/29

バイタルサイン・ABC・モニタリングのオキテ 【スライド資料ダウンロ...

Dr.力丸流受け持ち患者を重症化・急変させない3大ポイント大切なことは、“急変させない”こと。すべての急変は、防ぎえるものなのです。知っておくべきポイントが印象に残る解説!ほかにスライド資料送付...

アーカイブ No.132728

2024/02/29

バイタルサイン・ABC・モニタリングのオキテ 【スライド資料送付】 ...

Dr.力丸流受け持ち患者を重症化・急変させない3大ポイント大切なことは、“急変させない”こと。すべての急変は、防ぎえるものなのです。知っておくべきポイントが印象に残る解説!ほかにスライド資料ダウ...

ウェビナー アーカイブ No.150004

2024/02/20 〜 2024/03/15 | 2/20 10:30~16:30

B240210:省エネ技術の開発動向と導入事例、省エネ効果・CO2削減量の算...

2024年2月20日開催Zoomセミナー『省エネ技術の開発動向と 導入事例、省エネ効果・CO2削減量の算出方法』 講師:野々部技術士事務所 所長 技術士(上下水道、衛生工学部門) 野々部 顕治 氏

ウェビナー アーカイブ No.149172

2024/02/20 〜 2024/03/16 | 2/20 10:30~16:30

<脱炭素社会実現に向け習得すべき>省エネ技術の開発動向と導入事例、...

動向や関連キーワードの解説、そして省エネの考え方や進め方を実例も交えて興味深く解説します。さらに、省エネによるエネルギー削減量や削減金額だけでなく、CO2削減量の算出法についても判りやすく解説し...

アーカイブ No.132735

2024/03/31

身につく!アシドーシス・アルカローシス 【スライド資料ダウンロー...

カクジツに読めるようになる!数値を“見極め表”に当てはめれば、苦手な方もスラスラ判別できる!意識的に、最初にpHを見てください。それから3段階で読み進めよう。事例問題を“見極め表”を使って考えれ...

アーカイブ No.132734

2024/03/31

身につく!アシドーシス・アルカローシス 【スライド資料送付】 | オ...

カクジツに読めるようになる!数値を“見極め表”に当てはめれば、苦手な方もスラスラ判別できる!意識的に、最初にpHを見てください。それから3段階で読み進めよう。事例問題を“見極め表”を使って考えれ...