企業向けウェビナー検索
登録件数:27,924件
キーワード
 開催日 
並び替え:
終了日順 関連度順
ウェビナー No.2159

2022/01/18

セミナー「5G/6G、WLAN、自動運転等用高周波対応用誘電エラストマ」の...

誘電エラストマの基礎から応用、今後の展開まで解説! 近年、ますます多様化が進む高周波を利用した各種システム(5Gや6G、WLAN、自動運転等)では、ミリ波などの今まであまり使用されなかった周波数...

ウェビナー No.2857

2022/01/25

自動車産業における高分子材料の”これから”を考える | サイエンス&...

第1部 今後の自動車と求められるプラスチック材料の動向  2021年のCOP26では温暖化効果ガスの排出、実質ゼロを宣言した国は140か国を越えたという。世界の一致した目標になり動き出している。...

ウェビナー No.4017

2022/01/28

自動車の自動運転技術と車両運動制御技術および最新動向 <オンライ...

~ 自動車の基本性能、自動運転のための認知・判断技術、制御技術を用いた車両運動制御の基礎、自動運転・隊列走行における操舵制御、車間距離制御技術 ~ ・制御工学の基礎から学び、自動運転のための操舵...

ウェビナー No.2596

2022/02/02

蓄熱蓄冷および熱エネルギー搬送技術の基礎と最新の研究開発動向 |サ...

本セミナーでは、蓄熱技術の基礎や蓄熱材料の紹介そして具体的な蓄熱システムの導入事例や採算性などを体系的に説明し、さらに今後の蓄熱技術に関する研究開発の最新動向にも幅広く言及し、熱エネルギーマネジ...

ウェビナー No.8491

2022/02/04

車載インテリアセンサーグローバル市場動向

「車内の安全性」を高めるモニタリング技術が注目されるとともに「車の中で過ごす空間を最適化する」ため、AIやソフトウェア技術を駆使した車載インテリアのスマート化が加速しています。HMI(ヒューマン...

ウェビナー No.8861

2022/02/08

リチウムイオン電池の温度・劣化状態の管理技術

電リチウムイオン池の安全性を高める各種部材を詳解! 電池のモデル化と劣化推定、温度管理技術を徹底解説! <10:30〜12:00> 1.リチウムイオン電池の発熱・劣化現象の発生メカニズムと電...

ウェビナー No.8490

2022/02/09

EV用モータと制御技術

自動車は、モータを用いた電気自動車へ移行が始まっており、操作性や居住性を高めるために、電子制御されるモータが多用されています。車両には、補機と呼ばれる小型モータから主機と呼ばれる大型モータが使用...

ウェビナー 視聴無料 No.7062

2022/02/09

CAE Webセミナー【電動化時代のコネクタ】動的な要素を考慮した挿抜信...

近年の電動化拡大に伴い、コネクタ部品への需要が増えています。 また、電気自動車など、接続するハーネスが振動するようなケースも少なくありません。(2022年02月09日) 近年の電動化拡大に伴い...

ウェビナー No.8856

2022/02/10

電気自動車に向けた給電技術開発と展望

移動中、静止中の電気自動車にいかに給電するのか? 要素技術、今後の課題は? <10:30〜12:00> 1.移動体光無線給電の展望と自動追尾システムの開発 金沢大学 丸山 武男 氏 【講演...

ウェビナー No.6128

2022/02/10

自動車技術会:「電動車両技術の最新動向 -JSAEが考える電気車両技術...

電動車両およびその要素を扱う各委員会のご協力により開催する電動車技術シンポジウムです。 本シンポジウムでは電動車両メーカ、電動車両部品メーカや大学・研究機関などから専門家講師を招き、最新技術情報...

ウェビナー No.8879

2022/02/14

使用済リチウムイオン電池や海水からのリチウム資源回収の最前線

2050年におけるCO2の実質ゼロ排出を目指すパリ協定が発効し、各国でCO2削減に向けた方策が取られているが、その中でも大きな比重を占めると考えられるのが、電気自動車(EV)の普及である。EV用...

ウェビナー No.8170

2022/02/15

車載パワーモジュールの実装技術と高放熱・耐熱性材料の設計

<10:30〜14:30>※途中、昼休み含む 車載パワーモジュールの実装技術と高分子材料の開発動向 横浜国立大学 高橋 昭雄 氏 【講座概要】 全世界の環境政策も大幅転換が予想され、CO2削...

ウェビナー No.8554

2022/02/16

<自動車軽量化への技術・動向を俯瞰する!>自動車に関わる規制動向...

自動車には有害排出物や温暖化物資排出の規制が世界各国で導入され、しかも年々規制値が厳しいものになっているのに加え、衝突安全性能の向上も求められている。特にカーボンニュートラルが世界全体での重要課...

ウェビナー No.8497

2022/02/16

EVにおける超急速充電の課題と対応

電気自動車の普及に向け、航続距離の伸長、充電時間の短縮、車両価格の低減が求められている。これに伴い、車載バッテリの大容量化が進行しているが、充電時間とは相反する関係があり、安易な大容量化は商品性...

ウェビナー No.6129

2022/02/18

自動車技術会:「電動化を加速する伝熱技術」

本シンポジウムでは,伝熱技術という観点から,熱マネージメント,電動化,モデルベース開発をキーワードに最新の技術取組を紹介します。将来の電気自動車に不可欠となる急速充電対応バッテリ冷却,パワエレ機...

ウェビナー No.8565

2022/02/19

マグネシウム二次電池の開発動向

リチウムイオン二次電池は小型機器のみならず電気自動車などの大型デバイスへの適応が進んでいる一方、性能の理論的限界が近づいていることや安全面などの課題を有しており、これに代わる新規二次電池の開発が...

ウェビナー No.8162

2022/02/21

カーボンニュートラル実現に向けた自動車用パワートレインの国内外動...

エンジンはどうして動くかなどのパワートレインの一般的な知識は必要ですが、それ以上に、将来のパワートレインはどうなるのかと言う好奇心が旺盛な方にぜひ聞いていただきたい内容です。 最初に90年代か...

ウェビナー No.8517

2022/02/22

ジメチルエーテル(DME)および水素製造の基礎と応用

中国,インドなどでは,自動車の排気ガスなどにより,ひどい大気汚染が起こっている。その汚染物質であるPM(黒煙などの粒子状物質)が偏西風などで日本にも流れて来て問題となっている。また,脱炭素社会に...

ウェビナー No.9317

2022/02/22

EV用パワーエレクトロニクスが演習で理解できる一日速習セミナー | C...

電気自動車には、①チョッパ回路と②インバータ回路、③永久磁石同期モータの構造と④それを制御するベクトル制御、等のパワーエレクトロニクス技術が使われています。ハイブリッドカー プリウスの分解写真と...

ウェビナー No.9318

2022/02/22

ジメチルエーテル(DME)および水素製造の基礎と応用 | CMCリサーチ

セミナーの趣旨  中国,インドなどでは,自動車の排気ガスなどにより,ひどい大気汚染が起こっている。その汚染物質であるPM(黒煙などの粒子状物質)が偏西風などで日本にも流れて来て問題となっている。...