企業向けウェビナー検索
登録件数:144,717件
キーワード
 開催日 
並び替え:
終了日順 関連度順
ウェビナー No.149191

2024/02/21 | 10:30-16:30

ナノフィラーの分散・充填の基礎からポリマー高機能化への指針と研究...

話題の機能性ナノフィラー(ナノ炭素粒子やセルロースナノファイバー)の分散、それらの機能性複合材料(力学特性、導電・伝熱関係)の研究開発動向などを紹介する。

ウェビナー No.148276

2024/02/22 | 13:00~16:30

シランカップリング剤の反応メカニズムと使用方法【LIVE配信】 | セミ...

 シランカップリング剤とは、分子中に無機材料と化学結合する反応基(加水分解性シリル基)と、有機材料と化学結合する反応基とを併せ持つ化合物の総称である。無機材料と有機材料とを結ぶ仲介役としての働き...

ウェビナー No.148259

2024/02/29 | 10:30 ~ 17:30

含浸技術の基礎と含浸成形シミュレーションおよび最適化技術:複合材...

・含浸成形の物理モデルとシミュレーションによるプロセス最適化技術を修得し、製品開発に応用するための講座 ・成形の高品質化と量産化へ対応するための含浸成形技術と関連する新技術を修得し、高品質な製...

ウェビナー No.150845

2024/03/05 | 10:00~16:30

放熱シートの設計と熱伝導性の向上

パワーモジュール機器の小型・高性能化が進むにつれ放熱対策が重要な課題となっている。より高放熱が求められる機器においては、絶縁かつ放熱部材に樹脂に高熱伝導を有する窒化ホウ素(h-BN)粒子を充填し...

アーカイブ No.148277

2024/02/26 〜 2024/03/11

シランカップリング剤の反応メカニズムと使用方法【アーカイブ配信】...

 シランカップリング剤とは、分子中に無機材料と化学結合する反応基(加水分解性シリル基)と、有機材料と化学結合する反応基とを併せ持つ化合物の総称である。無機材料と有機材料とを結ぶ仲介役としての働き...

ウェビナー No.150886

2024/03/15 | 10:30~16:30

カップリング剤によるフィラーの表面処理と 樹脂への複合化、分散性...

本セミナーでは、フィラーを樹脂に混合する際の知識と現場的な処方テクニックの習得が可能です。フィラーの特性を評価すると共に、フィラーと樹脂との最適な配合設計を達成するためのカップリング剤の利用法 ...

ウェビナー No.149814

2024/04/18 | 10:30~16:30

エポキシ樹脂の基礎と硬化剤の選定、変性・配合改質および複合材料用...

 基礎知識としてエポキシ樹脂と硬化剤の種類・特徴およびトラブル対策、変性および配合改質による強靭化とその機構、硬化物の構造と特性を解説後、複合材料用途におけるエポキシ樹脂の研究開発動向として、燃...

アーカイブ No.149815

2024/04/19 〜 2024/05/03

エポキシ樹脂の基礎と硬化剤の選定、変性・配合改質および複合材料用...

 基礎知識としてエポキシ樹脂と硬化剤の種類・特徴およびトラブル対策、変性および配合改質による強靭化とその機構、硬化物の構造と特性を解説後、複合材料用途におけるエポキシ樹脂の研究開発動向として、燃...

ウェビナー アーカイブ No.150098

2024/04/24 〜 2024/05/23 | 4/24 10:30~16:30

B240424:熱分析による高分子材料(プラスチック・ゴム・複合材料)の測...

熱履歴、硬化度・硬化反応、熱酸化温度、熱分解温度、融解温度、ガラス転移温度、熱膨張、熱収縮、応力緩和、、、、 熱分析装置を使って製品開発時における素材の選択、品質管理、クレーム対策等に有用な情...

アーカイブ No.132025

セミナー「高分子材料におけるバリア性の基礎【オンデマンド配信】」...

高分子バリアフイルムは、単独あるいは複合化することにより、食品から電子デバイスまで異なる要求を満たす包装材料として今日まで用いられてきた。バリアという物質を通さない性質に対して、高分子は多かれ少...

アーカイブ 視聴無料 No.2475

これからはじめる樹脂複合材料解析(Digimat概要紹介) - YouTube

近年、樹脂複合材料が重要性を増していますが、複合材料を活用し製品に適用するには、複合材料ならではの物性の予測が鍵を握ります。本講演では、複合材料シミュレーションに特化したソフトウェアであるDig...

アーカイブ No.71127

Carton Design using Sheetmetal with Fusion 360 | Udemy

Fusion 360 で板金を使用したカートン デザイン Fusion 360 で板金を使用して最初の製品コンテナを作成してください! カートンは、プラスチックや複合材などの多くの材料から作...

アーカイブ 視聴無料 No.82102

第四回地域産業創出セミナー(2022年度関東経済産業局委託事業_価値創...

本セミナーは、スタートアップ企業との連携を通じた地域中堅・中小企業の新規事業創出を目的に、連携実績を持つ地域中堅・中小企業とスタートアップによるトークセッションを行うものです。本事例に興味のある...

アーカイブ No.81226

セミナー「二軸スクリュ押出機の基礎から応用へ進展するコンパウンデ...

自動車などの工業資材あるいは電子・光学部材、さらには医療福祉関連資材などに活用されているプラスチック製品には、高機能化・高付加価値化を目指す流れが急展開されている。これらの流れを陰で支えているの...

アーカイブ 視聴無料 No.150752

ウェビナー:動的粘弾性測定 (DMA) |メトラー・トレド

Dynamic mechanical analysis (DMA)は、材料の多岐にわたる粘弾的特性を温度や周波数の関数として測定することができます。DMAは、DSC、TGA、およびTMAと並んで...

アーカイブ No.138358

O230711:【オンデマンド配信】高分子材料におけるバリア性の基礎 | 技...

高分子バリアフイルムは、単独あるいは複合化することにより、食品から電子デバイスまで異なる要求を満たす包装材料として今日まで用いられてきた。バリアという物質を通さない性質に対して、高分子は多かれ少...

アーカイブ 視聴無料 No.27849

プラスチック データベース | プラスチックス・ジャパン・ドットコム...

世界中のプラスチックとエラストマーから検索できるデータベースです。世界中のプラスチックとエラストマーから検索できるデータベースです。

アーカイブ No.80552

セミナー「高分子材料におけるバリア性の基礎【オンデマンド配信】」...

高分子バリアフイルムは、単独あるいは複合化することにより、食品から電子デバイスまで異なる要求を満たす包装材料として今日まで用いられてきた。バリアという物質を通さない性質に対して、高分子は多かれ少...

アーカイブ No.38662

Fundamentals of Composite Materials | Udemy

複合材料の歴史 ポリマーマトリックスを理解する 熱硬化性樹脂と熱可塑性樹脂の違い 複合材料の作製 複合材料の応用

アーカイブ No.152387

原子間力顕微鏡を利用したトライボロジー関連特性評価 - Asylum Rese...

最先端の原子間力顕微鏡(AFM)は、試料表面のトポグラフィーや表面粗さ測定にとどまらず、「力学特性」「高分子複合材料評価」「分子間相互作用力」「固液界面観察」「in-situその場観察」「環境制...