企業向けウェビナー検索
登録件数:48,564件
キーワード
 開催日 
並び替え:
終了日順 関連度順
ウェビナー No.43203

2022/09/27 | 13:30~16:30

テラヘルツ波技術の基礎と応用

 近年,テラヘルツ波と呼ばれる約0.3~10THz(波長1mm~30μm)の電磁周波数帯の光源開発とその応用開拓が急速に進んでいます.この帯域は電波と光波の中間に位置しており,電波のように紙,プ...

ウェビナー No.35465

2022/09/29 | 13:00-17:00

セミナー「天然植物繊維を強化材とする複合材料の基礎と応用【東京会...

地球温暖化効果ガスの一つであるCO2の世界的削減が喫緊の課題なっている。わが国でも、政府の地球温暖化対策推進本部の会合で2013年度に比べて46%削減することを目指すと表明された。2050年まで...

ウェビナー No.43207

2022/09/29 | 12:30~16:30

CFRPリサイクルの内外動向と課題・展望 ~ 技術と市場の最前線 ~

 炭素繊維強化プラスチック(CFRP)は、軽量で高強度のため、輸送エネルギーを大幅に削減可能なために、自動車や航 空機への利用拡大が期待される。しかし、現状での処分方法は埋め立てが主であり、炭素...

ウェビナー No.35549

2022/09/29 | 10:30-16:30

セミナー「導電性コンポジットの開発に向けたフィラーの種類、特性と...

導電性フィラーとポリマーからなる導電性複合材料の開発に当たって,最も重要となるフィラーのポリマー中での分散性と導電性発現の関係を、パーコレーション理論をベースに解説します。講義の前半では、パーコ...

ウェビナー No.48810

2022/09/29 | 13:00~17:00

天然植物繊維を強化材とする複合材料の基礎と応用

系繊維に代え、豊富、且つ安価に取り出せる可能性のある新しい繊維素材:竹および葦についても重点的に説明するとともに、PLAとの複合で、どのようにすれば実用可能は生分解性繊維強化PLAが実現可能かに...

ウェビナー No.43209

2022/09/29 | 10:30~16:30

導電性コンポジットの開発に向けたフィラーの種類、特性と配合・分散...

 導電性フィラーとポリマーからなる導電性複合材料の開発に当たって,最も重要となるフィラーのポリマー中での分散性と導電性発現の関係を、パーコレーション理論をベースに解説します。講義の前半では、パー...

ウェビナー No.35486

2022/09/30 | 13:00-16:00

セミナー「偽造防止やトレーサビリティの確認に役立つ「見えないQRコ...

見えない情報に何かメリットがあるでしょうか。ただし、見えないといっても人に見えないだけで、機械では読み取りできる情報に関してです。こういった情報には意外なメリットがあります。例えば、① 見えない...

ウェビナー No.50158

2022/10/05 | 10:00~17:00

プラスチック・樹脂における耐衝撃性向上技術と衝撃特性解析

プラスチック材料を工業材料として使用する場合,耐衝撃性は非常に重要な特性となる。ポリマーの耐衝撃性を向上させる技術としては,(1)エラストマーの活用技術,(2)ポリマーアロイ・ブレンド技術,(3...

ウェビナー No.43097

2022/10/05 | 10:00-17:00

セミナー「プラスチック・樹脂における耐衝撃性向上技術と衝撃特性解...

自動車用樹脂は、どの時点で破壊に至るのか? 再生プラスチックにおける耐衝撃性向上のポイント CFRPやCFRTPにおける「繊維の長さ」やフィラーの「形状や配向」の調整、各種添加剤の選び方と使い方

ウェビナー No.50170

2022/10/06 | 10:30~16:30

自然溶媒の超臨界二酸化炭素(CO2)の基本的な考え方,(高分子分野など...

スポーツフットウェアのナイキ社が2012年に"製造革命"と称し,新規繊維染色技術を実用化。食品分野で発展した超臨界CO2による半導体処理・導電性付与も含めプラスチック・樹脂・無機化合物・金属等の...

ウェビナー No.49785

2022/10/06 | 10:30~16:30

超臨界二酸化炭素(CO2)の基本的な考え方, (高分子分野など)工業的応...

スポーツフットウェアのナイキ社が2012年に”製造革命”と称し,新規繊維染色技術を実用化。食品分野で発展した超臨界CO2による半導体処理・導電性付与も含めプラスチック・樹脂・無機化合物・金属等の...

ウェビナー No.48607

2022/10/07 | 10:30~16:30

GFRP&CFRPのリサイクル技術の動向・課題と回収材の用途開発

 熱硬化性樹脂複合材料の代表的な製品としては、不飽和ポリエステル樹脂/ガラス繊維複合材料(GFRP: Glass Fiber Reinforced Plastics)、エポキシ樹脂/炭素繊維複合...

ウェビナー No.48612

2022/10/11 | 13:30~16:30

音響メタマテリアルの基礎と吸音遮音解析、自動車への応用

 近年、騒音対策として音響メタマテリアルが注目をされてきた。従来防音材として用いられてきた繊維材やフォーム材とは異なる性質を持つ。今セミナーでは、音響メタマテリアルの基本的な考え方や構造例、吸音...

ウェビナー No.42942

2022/10/13 | 10:30-16:30

セミナー「有機ELディスプレイ(OLED)の最新技術、製品化状況と今後...

2022年CESで始まったOLEDを搭載ディスプレイ機器の新提案では、三星ディスプレイ(SDC)が長年開発して来た量子ドット(QD)-OLEDパネルをTV/モニターへ製品提供が最大話題となった。...

ウェビナー No.49797

2022/10/13 | 10:30~16:30

有機ELディスプレイ(OLED)の 最新技術、製品化状況と今後の予測

本セミナーでは、まず、本年度のトピックスとも言えるQD-OLED、青色発光材料における重水素化、TTF、燐光材料などの効率向上技術内容を解説する。次に、2020年以降のフレキシブルOLED新技術...

ウェビナー No.34862

2022/10/18 | 10:30-16:30

セミナー「溶融紡糸技術の基礎と応用,及び高性能・高機能繊維(スーパ...

溶融紡糸繊維の代表であるポリエステル、ナイロンを中心に、製造方法、繊維の特徴及び用途展開の状況を紹介します。そして、繊維製品の高付加価値化を目指して開発されてきた衣料用高機能・高感性繊維技術、産...

ウェビナー アーカイブ No.32506

2022/10/21 | 10:30~17:30

残留応力の基礎と測定・評価の要点

【中代氏 担当講義趣旨】  昨今の材料開発技術はめざましいものがあり、従来の金属材料から高強度プラスチック、セラミックス、炭素繊維などの複合材料、溶射、表面改質など高強度材の実用化が進んで...

ウェビナー No.50767

2022/10/24 | 13:30-16:30

セミナー「二酸化炭素を利用した樹脂接合法の基本原理と産業利用」の...

講演者が開発した二酸化炭素を利用した樹脂接合法は、簡便な装置で樹脂繊維を接合する方法で、近年注目を集めている。本講演では、二酸化炭素接合法に関する接着原理について、二酸化炭素が樹脂に与える影響...

ウェビナー No.51015

2022/10/27 | 10:30-16:30

セミナー「市場・製品・技術ロードマップの体系的・組織的な作成」の...

今、新興国の企業は日本企業の経営や技術を徹底して研究し、それまでリードしてきた日本企業を追い上げ、既に多くの分野で日本企業を凌駕する状況が生まれています。日本企業が、欧米企業はもとより、このよう...

ウェビナー No.51010

2022/10/28 | 13:00-16:30

セミナー「乾燥操作・乾燥機、乾燥技術の基礎と装置選定、トラブルへ...

乾燥操作とは、材料中の液(水または溶媒)を蒸発除去する操作であり、多くの生産工程で使用されていますが、乾燥操作の理論や方法について学習する機会は少ないのが現状です。乾燥操作でトラブルが生じたとき...