企業向けウェビナー検索
登録件数:39,184件
キーワード
 開催日 
並び替え:
終了日順 関連度順
ウェビナー No.26921

2022/06/29 | 10:30~16:30

バイオマス材料と生分解性プラスチックの現状と課題【提携セミナー】...

バイオマス材料の活用事例とその課題から生分解性プラスチックにおける生分解のメカニズム、評価方法、現状の課題、研究動向を解説します。

ウェビナー No.30703

2022/07/06 | 10:00~17:00

生分解、バイオマス繊維の開発と応用【提携セミナー】 | アイアール技...

ナノセルロースの特徴と最新応用事例/バイオナイロンの合成、特性制御とその繊維化/海洋分解性繊維の開発と生分解性スイッチ機能の付与/生分解性・バイオマス素材を用いた繊維製品開発の取り組み

ウェビナー No.29070

2022/07/13 | 13:00 - 15:30

「プラスチック劣化防止・安定化」★酸化防止剤・光安定剤の上手な選...

 プラスチックは軽量で加工性や意匠性に優れるため自動車、家電、食品包装材、雑貨などの多くの分野で使用されている。 一方で使用環境によっては熱や光による劣化、変色着色などが問題となるケースがある...

ウェビナー No.18420

2022/07/15 | 13:30-16:30

セミナー「微生物により合成する生分解性プラスチック材料の基礎」

生分解性プラスチックの基礎から最新の研究動向、今後目指すべき環境にやさしいプラスチックの設計法まで解説!  本講では、主にバイオマス資源から微生物によって合成される天然系プラスチック・ポリ...

ウェビナー No.32471

2022/07/20 | 12:30~16:30

生分解性微粒子/ビーズの作製・構造・応用展開【提携セミナー】 | ア...

天然物由来のセルロースやキチン・キトサンなどの「多糖」にフォーカスして、それらを微粒子材料として用いる際の概要を説明します!

ウェビナー No.32362

2022/07/25 | 12:30-16:35

非常食・災害食に求められる包装・容器の開発動向と要求特性、認証基...

第1部 非常食(減災・備蓄・長期保存食)向け包装・容器の開発動向と採用例 【12:30-13:45】 講師:住本技術士事務所 所長 技術士(経営工学)・包装管理士 住本 充弘 氏 (...

ウェビナー No.29690

2022/07/26 | 13:30~15:30

天然バイオマス系生分解性プラスチック等天然バイオマス由来化学製品...

世の中のほとんどの化学製品は石油などの化石燃料由来のものであり、プラスチックなどがその代表例であり、CO2排出量の増加や、プラスチック汚染の原因となっている。よって、これらのようなプラスチックを...

ウェビナー No.32378

2022/08/02 | 13:00-17:00

軟包装・プラスチックフィルムの国内外リサイクルにおける最新動向と...

【講演キーワード】 軟包装材料、 Co-Exフィルム、再生再利用、circular economy, circular packaging、ケミカルリサイクル、メカニカルリサイクル、熱分解、ガ...

アーカイブ No.35686

2022/08/29 | 13:00~16:30

生分解性プラスチックの土壌・海洋生分解と具体的な実験手順・ポイン...

 近年、海洋プラスチック問題がクローズアップされており、その解決策の一つに生分解性プラスチックの利用が挙げられる。ここでは生分解性プラスチックの種類と特徴、生分解試験方法を紹介する。とくに、自社...

ウェビナー No.35552

2022/09/09 | 13:30-16:30

セミナー「バイオプラスチックの生合成と生分解:基礎から応用まで」...

バイオプラスチック研究が、脱炭素化社会実現と海洋プラスチック汚染問題解決の観点から世界中で進展している。現在、コンビニや化粧品パッケージなどとして普及している国産PHAは、Circular Bi...

ウェビナー No.35385

2022/09/14 | 12:30-16:30

セミナー「生分解性プラスチックにおける国内外動向と生分解性評価 ~...

プラスチックの廃棄物問題や地球温暖化等の地球環境を考えるうえで、解決策の一つとして生分解性プラスチックが注目されている。 生分解性プラスチックの開発および導入・普及のためには、環境中で生分...

ウェビナー No.35488

2022/09/27 | 13:00-16:00

セミナー「マイクロプラスチック問題と企業の対応策」の詳細情報 - も...

マイクロプラスチックとは、意図的かそうではないかにかかわらず、微小化した(された)プラスチックのことです。主に海洋中に存在し、多種類の添加物を含み、残留性有機汚染物質(POPs)を吸着させやすい...

ウェビナー No.35465

2022/09/29 | 13:00-17:00

セミナー「天然植物繊維を強化材とする複合材料の基礎と応用【東京会...

地球温暖化効果ガスの一つであるCO2の世界的削減が喫緊の課題なっている。わが国でも、政府の地球温暖化対策推進本部の会合で2013年度に比べて46%削減することを目指すと表明された。2050年まで...

ウェビナー アーカイブ No.35669

2022/10/07 | 10:30-16:30

セミナー「ポリヒドロキシアルカン酸(PHA)の基礎・生分解性から新規...

今世界中で話題になっている「バイオプラスチック」研究が、脱炭素化社会実現と海洋プラスチック汚染問題解決の観点から大きく進展している。身の回りを見ると、コンビニや化粧品パッケージなどとして普及し...

ウェビナー No.26692

2022/10/13 | 10:00~17:00

ポリ乳酸で導くプラスチックリサイクル[進化論]

真に持続可能な資源循環型社会の構築を目指す上で、枯渇性化石資源を原料とし焼却に伴う温暖化ガスの増大や海洋プラ汚染問題を招来する石油系非生分解性プラを対象とするプラスチックリサイクル論は単なる目先...

ウェビナー No.33766

2022/10/13 | 10:00-17:00

セミナー「ポリ乳酸で導くプラスチックリサイクル[進化論]」の詳細...

真に持続可能な資源循環型社会の構築を目指す上で、枯渇性化石資源を原料とし焼却に伴う温暖化ガスの増大や海洋プラ汚染問題を招来する石油系非生分解性プラを対象とするプラスチックリサイクル論は単...

ウェビナー No.35825

2022/10/18 | 13:00~16:30

:循環型社会へ向けたバイオプラスチックの現状と課題、高機能化の指針...

 現代の生活および社会において、プラスチックはあらゆる分野において不可欠な材料として幅広く利用されている。また、従来無機材料が中心であった自動車部材等の、高強度・高耐久性用途への利用拡大も進めら...

アーカイブ No.1794

連続混合技術で環境に優しい材料を処理することの利点 The Advantage...

Market changing bio-friendly materials, including recyclates, present a number of processing challenges. FARREL POMINI provides multiple case studies demonstrating the advantages of FARREL Continuo...

アーカイブ 視聴無料 No.23584

バイオプラスチック-石油ベースのプラスチックよりも優れていますか?...

私たちはおそらく、植物から作られたプラスチック製のコップ、調理器具、またはその他の製品を見たことがあるでしょう。それらは堆肥化可能としてラベル付けされていますが、環境において石油ベースのプラスチ...