企業向けウェビナー検索
登録件数:145,113件
キーワード
 開催日 
並び替え:
終了日順 関連度順
ウェビナー No.1226

2021/10/20

『失敗パターンから学ぶ 製造業AI導入のカギ 〜AIプロジェクトのリ...

全固体電池が自動車向けなどで実用化するには材料のブレークスルーが必須です。特に全固体電池における主要材料である固体電解質の開発がカギになります。 固体電解質のリーディング企業で、その研究開発の最...

ウェビナー No.681

2021/10/27

【オンライン】 製造業向けHPC最前線 ~デジタル化を支える最新プラッ...

自動車業界の大きな変革となるCASEや脱炭素の流れ、デジタルトランスフォーメーションの推進など、国内の製造業を取り巻く環境は激変しております。研究開発の現場においても、電動化や水素技術、マテリア...

ウェビナー No.1005

2021/10/28

水素エネルギー・水素貯蔵輸送技術の基礎とその応用および今後の展開...

~ 気体・液体・固体による水素の貯蔵輸送技術、水素エネルギーに関するサプライチェーン実証事業、水素貯蔵材料の活用技術と今後の展開 ~ ・大きな課題となっている水素の貯蔵輸送技術を先取りし、水素エ...

ウェビナー No.1991

2021/12/01 〜 2021/12/03

JMA GARAGE CONFERENCE2021-Gear Change For The Future- | イノベー...

JMA GARAGEはVUCA時代の中、多様な視点・経験・主張を持つ方の意見を交流させることで、 企業のイノベーション創出を加速できると信じています。 このたび開催の JMA GARAGE カン...

アーカイブ No.1489

2021/11/15 〜 2021/12/03

バッテリー以外でのエネルギーの貯蔵 Stationary Energy Storage Wit...

Stationary Energy Storage Without Batteries: Large New Market This webinar uniquely gives an appraisal of stationary storage for electricity supply beyond batteries and pumped hydro. It shares so...

ウェビナー アーカイブ No.2051

2021/12/09

「CO2水素化」セミナー:CO2、水素化、メタノール合成、固体触媒、高...

2021年12月9日セミナー:本セミナーでは、CO2を効率よく変換する固体触媒に必須な要素・技術について、実例を示しながら解説する。  日本政府が掲げた「2050年に温室効果ガス排出実質ゼロ(ゼ...

ウェビナー No.3098

2021/12/17

【オンライン開催】カーボンニュートラル実践とサステナビリティのNe...

国連気候変動枠組条約第26回締約国会議(COP26)を経て、グローバルでの脱炭素社会実現への動きは加速しています。サステナブル経営、事業のトランジション、水素やアンモニアの活用といったイノベーシ...

ウェビナー No.3201

2021/12/23

新規ケミカルリサイクル技術開発の最新動向と課題・将来展望 | 株式会...

第1講 廃プラスチック油化によるケミカルリサイクル 【講演キーワード】廃プラスチック油化 廃プラスチックのケミカルリサイクルに関する日本の技術と将来の展望について講演する。 1.廃プラスチック油...

ウェビナー No.4965

2022/01/18

2022年1月18日(火)「再エネ×テクノブリッジ:registered: in 石川」開...

 石川県では、次世代産業 重点支援分野の1つに「エネルギー・脱炭素」を掲げ、洋上風力発電や水素の利活用に力を入れるなど、地域全体で再エネ導入の機運が高まっています。  再エネ×テクノブリッジ® ...

ウェビナー No.2383

2022/01/21

水素の製造技術と利用、輸送、貯蔵のポイント <オンラインセミナー...

世界では、パリ協定共連動したCOP26が2021年11月英国で開催されて世界の首脳は、このままCO2排出を続けたら気温が1.5℃以上に上昇し地球は破滅的になると、参加国は今後石炭火力発電を順次閉...

ウェビナー No.1982

2022/01/25

セミナー「アンモニアボランを用いた水素発生技術~コンパクトな高速...

水素利用技術の基礎からわかりやすく解説。アンモニアボランの特徴・利用方法、課題まで、最近の成果をご紹介します。 燃料電池の普及拡大が進む中、水素貯蔵技術は高圧水素がファーストチョイスとなってい...

ウェビナー No.1984

2022/01/28

セミナー「CO2メタネーション技術~基本プロセスから動向・課題および...

グリーン成長戦略における合成メタン製造技術として、またCO2資源化方法として注目のメタネーション!その国内外の開発状況や、実用化に向けた技術課題・経済性等の現状を把握!地球規模での気候変動が進み...

ウェビナー No.8523

2022/02/04

バイオディーゼル燃料の基礎、応用および開発動向

2015年に開催された国連気候変動枠組条約締結国会議(COP)の合意事項に基づく「パリ協定」は、世界の平均気温上昇を産業革命以前と比べて2℃以内に抑えるため(努力目標:1.5℃以内)、21世紀後...

ウェビナー No.8867

2022/02/08

イオン伝導性高分子の設計、特性評価と応用

【10:00-12:00】 1.イオン伝導性高分子の輸送現象メカニズムと材料開発、評価技術 東京農工大学 大学院生物システム応用科学府 教授 博士(工学) 富永 洋一 氏 【習得できる知識】...

ウェビナー No.8839

2022/02/08

CO2水素化反応によるメタノール合成に特化した固体触媒の考え方

日本政府が掲げた「2050年に温室効果ガス排出実質ゼロ(ゼロエミッション)」の目標を達成するため、革新的な技術の開拓が求められている。講演者は、再生可能エネルギーを活用することでCO2をメタノー...

ウェビナー No.8508

2022/02/08 | 応用編 3月8日

溶解度パラメータ(SP値・HSP値)の基礎と応用、Hansen溶解球法の活用...

J.H.Hildebrandが正則溶液理論の研究において定義した溶解度パラメータ(Solubility Parameter:δ[J/cm3]1/2)は、物質(気体・液体・固体)の凝集エネルギー密...

ウェビナー アーカイブ No.9340

2022/02/10

グリーン水素の動向と早期事業化

脱炭素の不可逆の潮流の中で、世界中で水素に対する期待が高まっている。2050年のカーボンニュートラル実現のため、省エネと再生可能エネルギーの活用が必須である。国内再生可能エネルギーは、主力エネル...

ウェビナー No.9609

2022/02/10

セミナー「カーボンニュートラルに向けた二酸化炭素の再資源化・Powe...

二酸化炭素再資源化技術、二酸化炭素再資源化に対しての国内外の動向について詳説!電化や水素化で対応できない家庭用燃料(都市ガス・LPG)、航空機、大型自動車、石油化学分野における二酸化炭素再資源化...

ウェビナー アーカイブ No.9405

2022/02/10

セミナー「カーボンニュートラル実現のカギ握る水素エネルギー~世界...

カーボンニュートラル達成には、水素エネルギーの利活用が不可欠!水素を巡る世界の最新動向、日本の取り組み状況、ビジネス参入の狙い所などについて解説!! カーボンニュートラル達成には水素エネルギー...

ウェビナー アーカイブ No.9377

2022/02/14

【カーボンニュートラル・二酸化炭素関連セミナー】CO2分離回収・利用...

地球温暖化対策として、CO2排出量を直接削減する方法のほかに、燃料を燃焼後に発生するCO2から何か有用なものを製造するCCU技術への関心が高まっています。加えて、菅前首相が所信表明演説(2020...