企業向けウェビナー検索
登録件数:39,184件
キーワード
 開催日 
並び替え:
終了日順 関連度順
ウェビナー No.2950

2022/01/18

真空断熱材の基礎・入門およびナノ多孔質粒子による超寿命化・評価 |...

2050年にCO2総排出量を80%削減することを目指した研究開発を進めている。  住宅の省エネは今後ますます重要であり、断熱性能の向上を目指してナノ多孔質構造を持つセラミックス粒子を用いた真空断...

ウェビナー No.3199

2022/01/18

5G/6G、WLAN、自動運転等用高周波対応用誘電エラストマ | 株式会社An...

【講演キーワード】 人工筋肉、ソフトアクチュエータ、誘電エラストマ、ウエアラブル、リニュアブルエネルギー、発電、CNT、導電性塗料、ミリ波、電波吸収体 1.人工筋肉型アクチュエータについて  ...

ウェビナー No.3886

2022/01/19

陽極(アノード)酸化による表面処理技術の基礎と高機能・高特性化へ...

~ 陽極酸化皮膜の構造・誘電特性評価とガス放出特性制御のポイント、ナノインプリントプロセスによる反射防止・撥水・撥油表面の形成 ~ ・ナノポーラス陽極酸化皮膜の作製法と最新応用技術を修得し、新...

ウェビナー No.3196

2022/01/20

バイオプラスチックの特許出願動向とその傾向分析【Live配信・WEBセミ...

バイオプラスチックにおいては、ポリ乳酸や変性澱粉などのバイオマス由来の生分解性プラスチックの分野で、日本は世界でもトップクラスの産業競争力を有している。さらには、バイオプラスチックへの添加剤とし...

ウェビナー No.2916

2022/01/20

循環型社会に期待の素材セルロースナノファイバー応用技術・課題とカ...

 近年は製紙産業を中心にセルロースナノファイバー(CNF)の量産設備が稼働しており、商品化に至る事例も出てきましたが、新素材であるがゆえ、依然コスト高の問題に直面するケースが多いと聞きます。この...

ウェビナー No.4729

2022/01/21

第9回理研イノベーションセミナー :仁科加速器科学研究センター の活...

理化学研究所の研究成果を新たな事業の創出につなげ社会へ還元することを目指し、理研鼎業では企業様との共創活動を行っています。 共創活動の一環として実施する理研イノベーションセミナーでは、研究セン...

ウェビナー No.2836

2022/01/25

ナノインプリントの基礎から材料・プロセス・装置技術および最新応用...

 ナノインプリント技術は提唱されて20年余が経過し、これまでの研究成果の産業化が急速に進められている。従来技術と比較して安価で効率的にナノ構造を作製できるナノインプリント技術は、ナノテクノロジー...

ウェビナー No.2857

2022/01/25

自動車産業における高分子材料の”これから”を考える | サイエンス&...

第1部 今後の自動車と求められるプラスチック材料の動向  2021年のCOP26では温暖化効果ガスの排出、実質ゼロを宣言した国は140か国を越えたという。世界の一致した目標になり動き出している。...

ウェビナー No.3187

2022/02/03

機能材料の付着・密着性評価、改善および剥離トラブル防止対策 | 株式...

1.産業における薄膜付着性の重要性   ・半導体(ナノパターン付着、ナノ薄膜)   ・高周波プリント基板(低誘電率、低誘電正接)   ・電池デバイス(高出力化、低内部インピーダンス)   ・ペー...

ウェビナー 視聴無料 No.6095

2022/02/04 | 10:00-11:00

バイオ試料の粒子径・濃度測定に最適なマイクロ流体分析技術とグロー...

~エクソソーム解析、ナノメディシン、遺伝子治療、バイオ製剤開発~ 粒子の濃度とサイズは、あらゆる治療製剤にとって重要なパラメーターであり、世界的な研究開発の加速には、既存のプロセスフローに簡単に...

ウェビナー No.8508

2022/02/08 | 応用編 3月8日

溶解度パラメータ(SP値・HSP値)の基礎と応用、Hansen溶解球法の活用...

J.H.Hildebrandが正則溶液理論の研究において定義した溶解度パラメータ(Solubility Parameter:δ[J/cm3]1/2)は、物質(気体・液体・固体)の凝集エネルギー密...

ウェビナー No.8519

2022/02/08

ゾル-ゲル法の実務活用のための速習セミナー

「ゾル-ゲル法」は、ガラス、セラミックス、無機有機ハイブリッド、あるいはナノコンポジットを液相から合成する優れた方法です。本方法によれば、バルク体、メンブレイン、ファイバ、コーティング薄膜あるい...

ウェビナー No.8838

2022/02/09

スラリーの分散・調製技術と分散状態評価

液中での粒子分散を支配する要因を解説します。その後で、実際の測定例も交えながら液中の粒子分散・凝集状態をどう評価するか、その評価法を紹介します。  特に評価が難しい濃厚系(高粒子濃度)のスラリー...

ウェビナー No.8858

2022/02/09

市場浸透を図るMini-LED、次世代を狙うμLEDディスプレイ技術の将来展...

2022年のCESでのTV展示は、Mini-LED BL LCDを搭載したTVへの多くの新規参入メーカが見られた。昨年のSamsung、TCL、LGEに加えてSONY、HISENSE、SKYWO...

ウェビナー No.2591

2022/02/10

マイクロリアクターの最新動向とマイクロリアクターを用いたフロー合...

企業での実用研究と大学での教育の経験を生かして、マイクロリアクター技術の基本をわかりやすく紹介します。また、マイクロリアクターの普及を目指して、実用化のポイントとその手順、さらには、「3Dプリン...

ウェビナー No.9693

2022/02/10

セミナー「導電性カーボンブラックの上手な使い方」

古くて新しいナノ素材「導電性カーボンブラック」の基礎からノウハウまでを解説します!  導電性カーボンブラックは、樹脂中で本当に移動するのでしょうか?導電性カーボンという同じ範疇にありながら構造...

ウェビナー No.9607

2022/02/10

セミナー「マイクロリアクターの最新動向とマイクロリアクターを用い...

機械学習による新しい試みまで、マイクロリアクターを徹底解説! 企業での実用研究と大学での教育の経験を生かして、マイクロリアクター技術の基本をわかりやすく紹介します。また、マイクロリアクターの普及...

ウェビナー No.8172

2022/02/14

めっき技術の半導体・電子デバイスへの応用と最新動向

1980年代に「めっき技術」の研究が軽視されていったが、1990年代に磁気ヘッドや半導体の銅配線にめっきが使用され、めっき技術への社会的なニーズが高まった。さらに、ウェハ上の薄膜形成がスパッタリ...

ウェビナー No.9337

2022/02/14

化粧品粉体の表面設計とコーティング入門

化粧品には多くの種類の粉体が配合されている。粉体にはバルクの性質、粒子の性質、表面の性質があり、それらを巧みに利用してメーキャップ、サンスクリーン、スキンケア、デオドラントなどの効果を高めている...

ウェビナー No.9352

2022/02/15

バリアフィルムの基礎と作製・評価法およびハイバリア技術

アルミ蒸着フィルムは、アルミ箔代替として優れたガスバリア性、耐ピンホール性、光線遮断性、装飾性が注目され、一方透明蒸着フィルムは、塩化ビニリデンフィルム代替として優れたガスバリア性、透明性、レト...